擬音「まこんまこん」を流行らせたい!金田朋子と木村昴が番組で画策

11月14日(木)16時8分 おたくま経済新聞


 インターネットテレビ局、AbemaTVで放送中のオリジナル声優バラエティ「声優と夜あそび」。2019年11月12日の「火:金田朋子×木村昴#31」では、この番組から誕生した擬音「まこんまこん」を流行させる方法を考えました。

 暴走気味のキャラで強引に自分の世界に引きずり込む“金朋地獄”で知られる金田朋子さん(だーさん)と、それを猛獣使いのようにうまく進行する木村昴さんのコンビで放送している「声優と夜あそび」火曜日。11月12日放送では、第31回を迎えたことを記念して31種類のアイスクリームがオープニングに登場。金田さんは最初から「早く食べたい!」と連呼するほど、テンションが上がりっぱなし。



 さらにフライドチキンも登場し、贅沢なグルメ三昧を楽しんでいると、番組を見ていた金田さんの夫、森渉さん(ポポちゃん)から金田さんのスマホに“ムカムカ”スタンプが届けられます。トレーニング中で節制をしている森さんにとっては、羨ましいを通り越し、ねたましく見えた様子です。



 ところで、番組でお2人が着ているTシャツに書かれた「まこんまこん」という言葉。これは「声優と夜あそび」火曜日から誕生した新しい擬音で、2019年5月7日放送の第5回で初めて登場しました。

 声優の力を総動員してオノマトペを読み上げる「ソレっぽい声で嫁!OH!NO!マトペ」というコーナーで、最後に示された言葉が番組オリジナルの「まこんまこん」。この言葉は発音しにくい「両唇鼻音(りょうしんびおん)」の「マ」、そして歯茎鼻音(しけいびおん)の「ン」が連続するので、続けて発音していくと、噛んで「ん」と「こ」が入れ替わって別の言葉になるため、特に放送事故の危険が伴います。

 この際の2人の表現方法が独特だったため、ツボに入ってこれ以降の回で使用されることに。特定の行為を表す擬音ではなかったため、音の並びが独特な以外は結構フリーに使われる言葉として「声優と夜あそび」火曜日に定着していきました。

 これをもっと世の中に広げたい!と方法を考える「ノミネートされず…がっかりしてまこん…」のコーナーでは、実際に使ってる人がどれくらいいるかのアンケート調査を生放送中に実施。最初に示された結果では「使っている」と答えた割合が3%となり、ショックを受けた2人でしたが、慌てたディレクターが書き間違えたとのことで、改めて正しい数字を見ると……わずかに増えて7%。

 消費税率よりも少ない数字にがっかりした2人でしたが、12月13日に開催される「声優と夜あそび」金曜日(関智一さん×大河元気さん)の公開生放送イベントにゲスト出演する金田さんが、番組の「まこんT(まこんまこんTシャツ)」を会場のグッズ販売コーナーでTシャツを売ったらどうかと提案。また「まこんまこん」の宣伝トラックを走らせたり、電車広告などのアイデアも。



 番組の途中で確認したところ、イベント会場で販売するにはTシャツの生産が間に合わないとのことで、会場で予約販売受付をすることが発表されました。価格は後日発表予定とのことです。

 さらには2人が直接ティッシュ配りやポスティングをしよう!というアイデアや、Wikipediaに「まこんまこん」の項目を作る、SNSに「まこんまこん」アカウントを作るなどの企画も飛び出しました。はたして「まこんまこん」は、これからどのように展開していくのでしょうか……まこんまこん注目していきたいと思います。この模様はAbemaTV内の「Abemaビデオ」で見逃し視聴が可能です。

情報提供:株式会社AbemaTV

(咲村珠樹)

おたくま経済新聞

「金田朋子」をもっと詳しく

「金田朋子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ