アルピー酒井が初体験の思い出を告白 激しい手の震えに大悟「テレビで使えるやつ?」

11月15日(金)16時48分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・アルコ&ピースの酒井健太が、千鳥がMCを務めるAbemaTVのバラエティ「チャンスの時間」に出演。初体験の苦い思い出を作文で発表したものの、緊張による失態によって千鳥の2人からツッコミが相次いだ。
 
 11月13日の「チャンスの時間」では、ムダ毛で苦労してきた芸人たちが作文で苦労エピソードを披露し、締めに思い出の一曲を歌う企画「ムダ毛多すぎのど自慢」の後半戦を放送。最後に登場したのは、同番組で夫婦間の営みの重要性を語り、“しまくり先生”として話題を呼んだ平子祐希の相方・酒井だった。

 初体験にまつわる悲しい思い出をしたためた作文を読み上げる酒井だったが、その内容以上に、紙を持つ手の震えによってスタジオがざわつく事態に。番組MCのノブがたまらず「待った」をかけると、酒井は「本当に緊張で震えちゃうんです!」と弁明。さらに大悟が「テレビで使える方の震え?」と茶化しながら指摘すると、酒井は「使えるほうの震えです!」と問題がないことを強調した。

 初体験時に「胸毛濃いんだ。意外」と言われたことがトラウマとなり、性交渉に恐れを抱いていると打ち明けた酒井。なんとか作文を読み終えて“のど自慢パート”にたどり着いたものの、B'zの「いつかのメリークリスマス」のイントロをつかめず、歌い出しで痛恨のミス。即座に曲を打ち切られた酒井だったが、「もう1回だけチャンスをください! 絶対成功させますんで!」と再挑戦。しかしまたしても入りの部分で失敗してしまい、スタジオは大爆笑に包まれた。

 「ちょっと待ってください! こんな難しいっすか!」と嘆く酒井に対し、「手紙の時からやん」と失態続きであることをネタにする大悟。その後、相方・平子の嘆願もありラストチャンスとして3度目の挑戦が行われたものの、酒井はやはり難易度の高いイントロを攻略できず。あまりにトリッキーな「いつかのメリークリスマス」のカラオケ音源に、ノブも「この音源なに?」とツッコミを入れ、さらに大悟の提案によって急きょ「これで誰が歌えるか選手権」が実施される運びとなった。
(AbemaTV/チャンスの時間より)

▶動画:アルピー酒井、初体験の思い出作文で緊張ガクブル

AbemaTIMES

「告白」をもっと詳しく

「告白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ