『宇宙(そら)よりも遠い場所』ってどんなアニメ? いしづかあつこ監督&花田十輝氏(シリーズ構成・脚本)から公式コメントが到着

11月15日(水)18時0分 アニメイトタイムズ

2018年1月放送開始となる、完全オリジナルTVアニメーション『宇宙(そら)よりも遠い場所』。このたび、いしづかあつこ監督とシリーズ構成・脚本を担当した花田十輝氏のコメントが公開されました。

原作のないオリジナル作品ということで、謎の多い本作。メインスタッフの2人からは、何が語られるのか? 是非、チェックしてみてくださいね。

本作は、《南極》[宇宙よりも遠い場所]に向かう、4人の女の子たちの旅の物語。その女の子たちは、水瀬いのりさん、花澤香菜さん、井口裕香さん、早見沙織さんら人気声優たちが演じることが発表されています。いしづかあつこ氏、花田十輝氏のコメント公開
●いしづかあつこ監督コメント
一緒にたくさんの初めてを体験して、広い世界に飛び出して、大海原の真ん中で「ソーセージよりも分厚いステーキが食べたいんだ」なんてことに必死になって。

地球の端っこを目指していく中で、主人公たち4人が見つけた小さな小さな感動をたくさん拾って大切に集めてみました。

10代は永遠には続かない。
仲間と過ごした特別な日々は残酷なまでに短くて、
目に焼き付いた景色は涙が出るほど眩しくて。
悲しいけれど、心が躍って幸せだった。
そんな思い出を皆さんと共有できたらいいな、と思っています。

●シリーズ構成・脚本:花田十輝 氏コメント
遠足って、なんであんなにワクワクしたんだろう。
修学旅行って、どうしてあんなに楽しかったんだろう。
遠くに行くから? 初めての景色があるから?
きっとそれは、大好きな仲間と一緒だから。

宇宙よりも遠い場所。

大好きな仲間と一緒に、南極を目指す話です。
キマリたちと一緒に、旅に出てくれたら嬉しいです。

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宇宙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ