今年は二宮の番?相葉雅紀「紅白司会」で体験した“最高の夜”

11月15日(水)10時14分 アサジョ

 NHKは13日、今年大みそ日放送の「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会にウッチャンナンチャンの内村光良、白組司会に嵐の二宮和也、紅組司会に女優の有村架純を起用すると発表した。白組司会は2006年の第57回から中居正広(57、58=紅組司会、59、60回)、嵐(61,62,63,64,65回)、V6・井ノ原快彦(66回)、嵐・相葉雅紀(67回)とジャニーズ勢が連続記録を更新しており、今年で12年連続となった。

 昨年はグループとして5年連続で司会を務めた嵐から、相葉雅紀がソロで大抜てき。ジャニーズ入所20年という節目を、最高のかたちで締めくくっている。

 そんな相葉の初司会を、サプライズで祝った同僚がいる。関ジャニ∞・横山裕だ。事情に詳しいエンタメ系雑誌の編集者に話を聞いた。

「相葉と同じ1996年組は、嵐では松本潤と二宮和也。関ジャニでは渋谷すばる、丸山隆平、横山、村上信五。さらに生田斗真と山下智久もいて、実に豪華です。紅白司会が発表された日、嵐は北海道でライブ。最終公演を終えて、東京に戻る時間を見計らって横山はメールを送ったとか。『今、電話でけへん?』という内容でした。その後、『今から飲もうや』と誘ったそうです。相葉は『俺、ほんとうにもう体力ないし』と断った。北海道でもらったウナギ弁当を自宅で食べたいからだったとか(笑)」

 しかし、横山は「うちに来て食い」とあきらめなかった。仕方がなく、相葉は横山が住むマンションへ向かった。

「扉を開けると、クラッカーがパンパンと鳴らされ、『紅白司会おめでとう!』と、横山と数人の友だちがお祝い。驚きとうれしさで、相葉の旅の疲れは一気に吹き飛び、出されたビールとウナギ弁当、同期の愛に大満足の夜となったそうです」(前出・エンタメ誌編集者)

 今年の二宮にはどんなサプライズが待っていたのか?

(北村ともこ)

アサジョ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

相葉雅紀をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ