「ぜひマーベル映画に!」と米誌に絶賛された EXILE/三代目JSB・小林直己は哲学専攻の「文科系」

11月15日(金)11時0分 文春オンライン

「ナオキ・コバヤシは大きな発見だ」「今後さらに大きな役をハリウッドで掴めるだろう。おい、マーベル、聞いてるか?」


 米VARIETY誌に異例の大賛辞を贈られた鮮烈なハリウッドデビューだ。


 EXILEのパフォーマーで三代目J SOUL BROTHERSリーダーの小林直己さんが出演する映画『 アースクエイクバード 』が11月15日からNetflixで世界同時配信される。



小林直己さん


 舞台は1989年の東京。英国人女性ルーシーは友人のリリーを殺害した容疑をかけられる。小林さんは二人の女性を翻弄するミステリアスなカメラマン禎司(ていじ)役にオーディションで抜擢された。


 原作は日本在住経験のあるスザンナ・ジョーンズによる同名の英国推理作家協会賞最優秀新人賞受賞作だが、スタッフやキャストの顔ぶれがまた凄い。製作総指揮は『ブレードランナー』『エイリアン』『ブラック・レイン』の巨匠リドリー・スコット、ルーシー役は『リリーのすべて』のオスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、リリー役は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のライリー・キーオ、監督は『コレット』のウオッシュ・ウエストモアランド、プロダクションデザイナーは『キル・ビル』の種田陽平、カメラマンは『オールドボーイ』のチョン・ジョンフン。Netflixといえば、『ROMA/ローマ』が今年度のアカデミー賞を受賞するなど本格的な映画への参入が話題になっているが、錚々たる布陣による大作だ。


 しかし、華やかなサクセスストーリーの陰には、「自分は何でグループに貢献できるのか」と自分の存在意義に疑問を抱いた経験があったという。「体育会系」のイメージが強いLDHきっての「文科系」「頭脳派」は、いかにして今回のビッグチャンスをつかんだのだろうか。



◆ ◆ ◆


——小林さんが演じられたカメラマンの禎司は、物語の謎を象徴し、ストーリーの核を握る重要な人物です。キャスティングが長い間難航していたそうですが、ウエストモアランド監督は「ナオキを見て一目で『彼だ』と直感した」と語っていますね。


小林 2017年にオーディションを受けたのですが、どうしても、この禎司という役を自分でやりたかったんです。脚本を初めて読んだときから、禎司の内面に強い共感を覚えました。彼は無口で、あまり自分の心を他人に見せません。彼にとってのカメラは鎧であり、窓でもあったと思います。今、撮影を終えて振り返ってみると、禎司という役を作っていくことは、自分の向き合いたくなかった過去と向き合う必要性もあり、タフな経験ではありましたが、役者としても人間としても成長させてもらったなと思っています。



 共演者のアリシアからも「寛大で紳士的」と言われるほど、普段の小林さんは明朗で誰にでも優しく謙虚だが、ウエストモアランド監督は「彼は、激しさ、複雑さ、闇……いろいろな要素を持っていて“スター・パワー”がある」と語る。心というミステリーの深淵を覗き込む本作を観る者は、やがて「どこか、何かがおかしい」という奇妙な感覚に包まれていく。



「運命の男」を演じて


——本作のようなノワール・スリラーといえば、通常、男性が主人公で、「運命の女(ファム・ファタル)」によって物語が動いていくパターンが多いですが、今回は性別が逆転していて、小林さんが「運命の男」ですね。禎司の心の深層まで降りていくために、どんな役作りをしたんでしょうか?


小林 映画の舞台は1980年代の東京ですから、まず禎司の使っているオリンパスのフィルムカメラを入手し、クランクインの半年前から東京の街を撮影し始めました。そして、写真を知るために、現像や引き伸ばしまで自分でやってみました。映画の中の禎司の写真は玉村敬太さんが撮影されていたのですが、禎司のカメラマンとしての思考回路……何を撮ろうとしていて、何にとり憑かれているのかということを、二人でワークショップ的に追い求めていったりもしましたね。


 禎司にとって、自分が探している言葉にできない何かを捕まえられるのがカメラで、僕にとっては、それがダンスだったんです。自分の中の言葉にならない感情を、誰かに伝えたい、叫びたい、わかってほしい——そのときに、一番自分にあっていたのが、僕にとってはダンスだった。そこに余計な雑念は入れたくないから、無意識で踊れるようにトレーニングし、鍛えてきたのですが、彼にとってのカメラもそういうものだったんだろうと思います。禎司の故郷は鹿児島なので、カメラを持って鹿児島に行き、彼が訪れたであろう場所に行き、そこで実際に生活もしてみました。



和製ターミネーター、ハリウッドへ


——禎司がルーシーに出会う場面で、彼は最初、路面の水たまりを撮影しています。禎司にはいつも水のイメージや気配がまとわりついていますね。


小林 写真の暗室で用いる現像液、停止液、定着液も液体ですし、仕事場は蕎麦屋ですから、常に水のそばにいた感じがします。鹿児島にいって気づいたのですが、桜島も水に囲まれているんですよね。火山や温泉を抱いた火と水の大地なんだと実感しました。僕個人も、皿を洗ったり、プールで泳いだり、水に触れているとすごくストレスが解消されるんです。今回は東宝スタジオでも撮影したのですが、水のシーンは、ゴジラが一番最初に海から出てくるシーンを撮影したのと同じプールで撮っているんです。


——海外の記事では「あのゴジラを撮ったスタジオで撮影!」ということも大きく報じられていましたね。


小林 監督も毎回言ってました(笑)。あ、それから、薩摩藩に伝わる示現流という剣術の道場で修業もしました。頭のてっぺんから股まで一気に真っ二つにする「一刀両断」で知られる流派です。禎司は絶対にその精神に影響されていたと考えたからです。


——小林さんといえば、映画『HiGH&LOW』シリーズの剣の達人・九鬼源治役が人気を博しました。不死身でどこまでも追ってくる「和製ターミネーター」とも言われましたが、もともとの映画デビューは時代劇です。刀剣の本を愛読されていて、『たたら侍』のときにプレゼントされた日本刀をお持ちだそうですね。


小林 はい。時代物は突き詰めると、日本刀は外せないですよね。今回はほとんどの台詞が英語でしたので、台詞と感情の関係には苦心しました。「悲しい」という日本語を聞いたときは、そこにぶら下がっている自分自身の記憶や感情がありますよね。でも「SAD」には何もぶら下がってない。日本語と英語はそれぞれの持つ背景や文化も違います。夏目漱石が「アイ・ラブ・ユー」を「今夜は月が綺麗ですね」と訳しましたけど、禎司も「愛してる」なんて簡単に言える人間じゃない。そんな言葉を口にするときは死ぬ気で言っている。監督とはそんな話もしました。



 そうした役作りの成果は、特別招待作品として上映された東京国際映画祭でも遺憾なく発揮された。記者会見でアリシア・ヴィキャンデルは小林さんを「目の奥にストーリーがある」と評し、ロンドンで開催されたワールドプレミアで再会したリドリー・スコットには「映画に必要な存在感がある」と太鼓判を押された。



——リドリー・スコットといえば、SF映画の金字塔『ブレードランナー』(1982年公開)がいまだに多くの熱狂的なファンに支持されています。遺伝子工学技術によって生まれた人造人間レプリカントが人類に反旗を翻すというストーリーですが、奇しくも、舞台は『アースクエイクバード』公開と同じ2019年11月なんですね!


小林 リドリーは現在81歳ですが、とても頭の回転が速くて、エネルギッシュ。『ブラック・レイン』の監督ですから、松田優作さんの芝居に対する情熱や、一本気な刑事を演じた高倉健さんの話を聞かせてもらいました。


——『HiGH&LOW THE MOVIE2/THE END OF THE SKY』(2017年夏公開)の源治は主人公たちを追い詰めるヤクザの若頭役でしたが、バイクで疾走し、日本刀でコンクリートに火花を散らしながら追ってくるシーンは『ブラック・レイン』で松田優作さんがアンディ・ガルシアの首を刎ねる場面を彷彿とさせると、当時話題になっていました。その『ブラック・レイン』を監督したリドリー・スコット製作・総指揮の作品に、今回こうして出演されるというのも感慨深いですね。


小林 先人の方々が積み上げてきてくれたものの恩恵を今自分は受けているんだなとしみじみ感じています。彼が今考えている映画の構想について、日本の現状についても、たくさん話をしました。リドリーに「君には映画に必要な存在感があるから、続けたほうがいい」と言ってもらえたことは、とても光栄でしたし、ああ、ここがスタートなんだな、と思いました。覚悟が決まりましたね。



「アースクエイクバード」は警報。最後の瀬戸際に聴こえる音


——撮影は西新宿と佐渡島などで行われましたが、東京が私たちの知っている東京とはどこか違う異国のようでもあり、非常に蠱惑的に切り取られながらも、決してステレオタイプ的な日本像に陥らず、深い日本への理解が底にあると感じました。


小林 色も違いますよね。決して記号化されただけの日本ではなく、色や切り取り方が異邦人からの目線だったと思います。しかし、日本の日常を丁寧に切り取っている。監督のウオッシュも1980年代に日本に留学していたので、日本を尊重する気持ちを持っていてくれていました。撮影が始まる前にもLAで一緒に食事をして、日本の文化や慣習、精神性などについて、自分のアイデアや意見を伝えました。


——タイトルの「アースクエイクバード(地震鳥)」は、地震の後に鳴くといわれる鳥を意味します。「アースクエイクバード」とは、いったい何なんでしょう。


小林 「アースクエイクバード」が何のメタファーかというと、警鐘、警報、アラームのようなものだと思っています。最後の最後、踏みとどまらなければいけないところで聴こえる何かのサインなのかもしれません。それが聴こえなくなったら、どうなってしまうのか……。


 自分にとっての「アースクエイクバード」、心の小さな声は何なんだろう。自分にとって本当に大切なものは何なのか?というメッセージも、この映画は内包していると思います。 



個人の仕事がなかったとき、一日3時間から6時間英会話を習っていた


 今回、話題になったのが、小林さんの英語力だ。ロンドンでのワールドプレミアでは、20社以上もの海外メディアの取材をすべて通訳なしでこなした。


——一時期は、週5日、3時間も英会話のレッスンに通われていたそうですね。


小林 うーん、6時間の日もあったかもしれません。


——6時間!


小林 それくらいヒマだったんですよ(笑)。グループとしては人気があったかもしれませんが、個人としての仕事がない時期があったんです。自分という存在が求められていないように思えて、そのときに自分は何でグループに貢献できるか、どうしたらEXILEであり続けられるのか、三代目だって自分がいなくても回るんじゃないか——じゃあ自分の存在意義って何だろうって考えたんです。


 誰しも、組織やチーム、会社の中で自分の存在意義について悩むことがあると思うんです。このままでいいのか、変わるべきなのか。そして、僕は「芝居」と「英語」に特化しようと決めた。そして、やるんだったら、世界を目指そうと思ったんです。


 日本だと芸能事務所が一括してマネジメントもPRもエージェント機能も果たしてくれますが、アメリカではエージェントも弁護士も税理士も自分で雇うのが普通です。まず、マネジメントチームを探すところからのスタートでした。もともとLDHのスタイルとして「自分のやりたい仕事は自分でつくる」というところがあるのですが、自分には直接交渉できるスタイルは合っていたと思います。3カ月のプロセスを経て『アースクエイクバード』のオーディションに合格したときは、膝が震えるという感覚を味わいました。


前代未聞! 「文庫1万字解説」が生まれたわけは……


 187センチの長身で、モデルとしても活躍。パリコレでもランウェイを歩き、現在はリーダーを務める三代目J SOUL BROTHERSの全国ライブツアーの真っ最中である。所属するLDHといえばストイックな体育会系のイメージだが、小林さんは、大学で哲学を専攻したバリバリの「文科系」でもある。読書家としても知られ、書評も執筆しているが、12月5日発売の『 主君 』(高殿円著・文春文庫)では、前代未聞の1万字にものぼる解説を執筆している。



——『主君』は、『トッカン』『上流階級』などで知られる人気作家の高殿円さんが井伊の赤鬼と呼ばれた井伊直政の生涯を、家臣の木俣守勝の目から描いた作品です。解説を拝読しましたが、あまりの熱量に胸を打たれました。歴史書を丹念に辿るところから始まり、新渡戸稲造の『武士道』を紐解いて忠節の道とは何かを論じ、そして、EXILE HIROさんやEXILE AKIRAさんとの出会いから「天命」について語っていく……。この間、ロンドンとの往復や度重なる記者会見、ライブツアーなどで執筆の時間などほとんどなかったと思うのですが、なんと前代未聞の1万字の解説という大作です。


小林 実は、字数を勘違いしてたんです(笑)。削りに削って通常の枚数のものを編集部に提出したのですが、その際に何か少しでも使えるところがあったらと思って、元の1万字バージョンも同時に送りました。


——そのオリジナルの1万字バージョンを読んだ編集部が感動して、異例の1万字解説収録となったそうですが、相手の人生を背負うということや、人の運命について、魂をぶつけるようにして書かれています。非言語表現の極致であるダンスと、言語表現の極致である文筆業、その正反対の両道を究めるというのは実にタフなことですよね。


小林 ちょうどロンドンで海外メディアの取材を受けているときだったので、英語脳になってしまっていた分、切り替えに苦労しました。でも、自分でも登場人物を演じてみたいと思った作品でしたので、身を削ってでも書きたいと思いました。イメージされるような小説の解説文とは異なる部分もあるかもしれませんが、井伊直政と木俣守勝に対し、特に共感を覚え、自分の人生を引用したくなりました。比較対象としてEXILEのストーリーを引用したのですが、それを許してくれた編集部と高殿円さんには、大変感謝しています。 



愛に飢えたヤクザと娼婦が朝食を食べるシーンの美しさ


 今回の東京国際映画祭で、小林さんは二つの作品でレッドカーペットを歩いている。ひとつは『アースクエイクバード』、そしてもうひとつが『 その瞬間、僕は泣きたくなった 』(全国公開中)だ。『その瞬間〜』は、EXILE HIRO率いるLDH JAPANと、俳優の別所哲也が代表を務める「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」、作詞家・小竹正人がコラボレーションしたオムニバス映画『CINEMA FIGHTERS project』の第3弾。詩と音楽、映像を融合させた5編の短編作品から構成されており、小林さんは行定勲監督の『海風』に主演している。



——『海風』は、横浜の風俗街を舞台に、愛を知らずに育ったヤクザの蓮(小林さん)と中年の娼婦(秋山菜津子)を描いた作品です。行定監督は、小林さんの役柄をヤクザか刑事にしようと思われていたそうですが、小林さんの後ろ姿や背中が記憶に強く残りました。肩で風を切って街を歩く姿、客から酷い扱いを受けて傷だらけになった中年の娼婦を背負って明け方の商店街を歩く姿、アパートの廊下で彼女の帰りを待つ背を丸めた姿、刺青の入った剥き出しの背中、海に向かって真っすぐに立つ後ろ姿……それにしても、娼婦の蘭がつくる朝ご飯を二人で向かい合って食べるシーンは美しかったですね。



小林 監督はあのシーンを撮りたかったんだそうです。朝の光の中でヤクザと娼婦が一緒に朝ご飯を食べるというシーンが。一緒に食事をする、咀嚼をするシーンって、魂を食べあっていると思うんですよね、その瞬間に。彼女の作る丁寧で、飾り気のない、とても美味しい食事を食べたときに、一緒に彼女の魂も食っているんだと思うんです。


——そして、また実に美味しそうな、気持ちいい食べっぷりですよね。


小林 監督にも言われたな(笑)。意識してないんですけど……食いたくなっちゃった(笑)。



——束の間の温もりの後、悲しみのクライマックスで、小林さん演じる蓮はある思いがけない行動に出ますが、これもご自身のアイデアだったそうですね。


小林 それも「食べることは、お互いの魂を食べあうことだ」ということから発想したことです。


——侍は、刀を抜いたら最後——生きるか、死ぬかどちらかですが、小林さんの演じるヤクザも、禎司も、静かながらそうした「刀を抜いたら最後」という佇まいを持っています。


小林 自分が影響を受けてきた人たちは、みんな「抜いたら最後」の人ばかりです。時代劇に初めて出演するときにお世話になった杉良太郎さんも、HIROも、AKIRAも、デザイナーのヨウジヤマモトさんも、うちの親父も、みんなそうですね。



 今年の夏、小林さんが読売新聞の「 STOP自殺 ♯しんどい君へ 」に答えたインタビューが話題になった。その中で、小林さんは高校時代、一時不登校になった時期があったことを明かし、そのときに兄から「とにかく家にいるな、渋谷に行け」と言われて、変わることができたことを語り、「一歩踏み出して、外に出てほしい」と訴えている。ダンスを始めたのも高校生のとき。その原点はどのようなものだったのだろうか。



「忘れられたくない」という子どもの頃の恐怖心


——ダンスと芝居は小林さんにとってどのようなものなのでしょうか。


 小林 なぜか小さい頃から、僕には「忘れられたくない」という恐怖や強い初期衝動があるんです。それは今でも解消されていない。また、それとは別の話ですが、昔、どこかで何かを見て、ものすごく心にインパクトを受けたことがありました。そこで何か決定的な傷がついてしまったんですね。それは一生消すことができない。


 今、もし僕が逆の立場になって、どこかの誰かに何か影響を与えられるのだとしたら、忘れられないようなインパクトを与えたい。それはもしかしたら、ネガティブな意味かもしれないし、ポジティブかもしれない。



 たとえ小林直己という名前は忘れたとしても、その人の中にその記憶は残る。これまでも僕はダンスをそう願いながら踊ってきました。


 芝居だったら、さらにそうした自分の過去や弱さや傷も昇華することができると発見したし、それは、役者としての個性ともなり得るんじゃないか。芝居じゃなければできないことがあり、それは僕のダンスという表現の延長線上にあるのだということに、今回『アースクエイクバード』に参加することで気づくことが出来ました。


 そして、そうした切実なところから出てくる表現は、強靭で、ナイーブで、誰にも否定できない強さを持っている——だからこそ人は惹きつけられ、共感するんだと思うんです。映画はプロフェッショナルが集まる総合芸術ですが、レンズの前で演じるときに、僕は自分をまるごと捧げることが自分の役割だと思っています。


 昔から、自分には何かを創り出す才能も、天から降りてくるようなものもなくて、身ひとつで、踊るしかなかった。人生を切り売りすることで食わしてもらっている、いわば自分自身を売っているわけだから、自分に対して嘘をついちゃダメだって前から思っているんです。


——謙虚ですね。


小林 禎司がカメラを通して探していたものがあったように、自分には、非言語表現のダンス、言語表現の文章、そして芝居を通して、ずっと追いかけているものがあるんです。踊りではその理想の影みたいなものを追いかけていました。動けば消えてしまうような儚いもので、それは一種の『願い』のようなものなのかもしれません。


『アースクエイクバード』は、国も言語もバックグラウンドも異なる人たちが集まった現場で、とても刺激的な時間でした。映画は100年先も残りますし、僕も、もうこの世にはいない人たちの作品を観て影響を受けてきました。これからも、日本はもちろんのこと、国の枠を超えて、その何かを探し続け、届けていきたいと思っています。



こばやしなおき EXILE / 三代目J SOUL BROTHERSパフォーマーとして全国ライブツアーなど精力的にアーティスト活動を行う。パフォーマー以外に役者としても活動し、舞台にも積極的に参加、劇団 EXILE 公演のほか、2013年2月より行われた「熱海殺人事件 40years' NEW」(つかこうへい 作・岡村俊一演出)にて大山金太郎役を熱演。各方面より好評を得る。2017年からは俳優として本格的に活動をはじめ、「たたら侍」(2017年)「HiGH&LOW」シリーズなどに出演。現在、Netflix 映画「アースクエイクバード」(配信中)に主演の1人として参加している。日本のみならず、アメリカにおいても俳優として活動の場を広げている。




(「週刊文春」編集部/週刊文春)

文春オンライン

「マーベル」をもっと詳しく

「マーベル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ