【シネマVOYAGE】地上10cmの“猫目線”でイスタンブールの街へ

11月15日(水)19時0分 シネマカフェ

『猫が教えてくれたこと』 (C)2016 Nine Cats LLC

写真を拡大

トルコの古都イスタンブールと言えば、アヤソフィア、ブルーモスク、トプカプ宮殿といった美しい歴史的建造物を思い浮かべるが、古くから“猫の街”でもあるそうだ。映画『猫が教えてくれたこと』は、そんなイスタンブールの街に暮らす猫たちのドキュメンタリー。

この映画を観て驚くのは、猫と共存しているイスタンブールに住む人たちのあたたかさだ。日本にも神奈川県の江ノ島をはじめ、東京都の谷中、宮城県の田代島、愛媛県の青島、沖縄県の奥武島…など、調べると猫の島、猫の街、猫の聖地といわれる街や地域はけっこうある。

しかもいまは空前の猫ブーム。ペット市場では犬よりも猫の数が多くなり、日本国内で約1000万匹の猫が飼われている。けれど、普段生活するなかで野良猫と出会うことは滅多にない。


イスタンブールでは、猫は神聖な生き物のように考えられ、そこに住む人たちが野良猫の面倒をみている。街の人と猫との関わりを通して考えさせられるのは、思いやりや感謝の気持ち、助け合うことについて。タイトルにあるように“猫たちに人生を教えてもらう”素敵なエピソードが語られる。

ジェイダ・トルン監督は7匹の猫を映画の中心に据え、彼らの日常を通してイスタンブールの街を映し出していく。


子猫のために市場の食べ物を狙うサリ、撫でられるのが好きなベンギュ、有名なレストランの守護神としてネズミを狩るアスラン、野良犬からも一目置かれている気性の激しいサイコパス、オーガニック・マーケットのマスコット的存在のデニス、アーティストが多く住む地域で暮らすガムシズ、高級レストランに通う美食家のデュマン。それぞれに愛称があることからも、猫たちがどれだけ愛されているか伝わってくる。

面白いのは、人間の目線ではなく猫の目線で描かれていることだ。ジェイダ監督と撮影監督のチャーリー・ウッパーマンは、さまざまな“猫カメラ”を開発。地上10cmでの撮影、暗い裏通りでの撮影、屋根の上にドローンを飛ばしての撮影など、決定的な瞬間をカメラに収めた。そのカメラで撮影された猫目線の街の風景は、まるで自分が猫になったかのような体験をさせてくれるだろう。


観光としてのイスタンブールもいいけれど、この映画を観ると、猫たちに会いにイスタンブールに行きたくなる。人と猫のあたたかな交流に触れたくなる。(text:Rie Shintani)

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イスタンブールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ