菅田将暉&土屋太鳳『となりの怪物くん』に古川雄輝、山田裕貴ら追加キャスト発表

11月15日(水)16時50分 クランクイン!

映画『となりの怪物くん』出演者カット(C)2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 (C)ろびこ/講談社

写真を拡大

 菅田将暉、土屋太鳳がダブル主演する映画『となりの怪物くん』から、新たに古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳、速水もこみちらの追加キャストが発表、特報映像も公開された。 本作は、累計590万部突破のろびこ原作による人気コミックの同名作品を実写映画化。行動予測不能な問題児の春(菅田)とガリ勉で冷血の雫(土屋)が、ふとしたことがきっかけで出会い、お互い初めての友情、初めての恋愛を通して成長していく。監督を務めるのは、映画『君の膵臓をたべたい』を手掛けた月川翔。

 今回新たに発表されたキャストは、春の兄・優山に古川、春の幼馴染みで、後に春のライバルになる・山口賢二、通称“ヤマケン”に山田、超絶美少女だが訳あって男子が大嫌い・夏目あさ子に池田エライザが扮する。そして、次第に春に惹かれていく大島千づるには浜辺、春と雫のクラスメイト佐々原宗平に佐野、みんなを見守る春の従兄・三沢満善を、速水が演じる。

 演じる役について古川は「原作を読んだときに感じた、優山特有の雰囲気を出せればと思って役作りをして撮影に挑みました」と語り、山田は「原作でも本当に魅力的なキャラクターであるヤマケンを演じるプレッシャーは、それは凄かったんです」と吐露しつつ、「映画のヤマケンもいいぞと言ってもらえるように演じたつもりです」と意気込む。

 池田は「夏目の可愛いらしいところと、意地を張っている部分は、私の中にもある部分だったので、夏目を通じて私自身のことを考えるきっかけにもなりました」と明かし、速水は「若手の俳優陣を見守る役どころは、今まで演じたことがなかったのですが、新鮮でしたし、楽しめました」とコメント。

 さらに公開された特報映像では、今まで見たことのないような菅田と土屋の姿が映し出され、二人を中心にどんな瑞々しいストーリーが紡ぎだされるのか、期待が高まる仕上がりになっている。

 映画『となりの怪物くん』は、2018年4月27日より公開。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菅田将暉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ