横浜流星がピンク髪に 『初めて恋をした日に読む話』安達祐実ら出演発表

11月15日(木)17時10分 クランクイン!

『初めて恋をした日に読む話』横浜流星がピンクヘア披露(C)TBS

写真を拡大

 女優の深田恭子主演で2019年1月にスタートする火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で、東大を目指す不良高校生を演じる横浜流星が役作りのため髪をピンク色に染めたビジュアルが公開された。 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)連載中の持田あきによる同名漫画が原作で、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)がタイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディー。順子にアプローチする3人の男性を横浜、永山絢斗中村倫也が演じる。

 ドラマは、三流予備校講師である順子の元にピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜)がやってきて、一緒に東大合格を目指すことから物語が急速に展開していく。そんな重要人物を演じる横浜が、今回役作りのため大胆にも髪をピンク色に染め大変身。

 横浜は「匡平が髪をピンクに染めている、というのはこのお話でとても大切な部分だと思っています。実写でリアルに存在する感じで自然なピンクにするのは大変でしたが、監督、スタッフの皆様もこだわってくださり、試行錯誤を重ね今の髪色になりました。このピンク髪とともに、ただの不良少年ではなく、根は真面目で真っ直ぐな匡平が、厳格な父親との関係性を丁寧に、繊細に、作っていきたいと思います!」と語っている。

 さらに、本作を彩る追加キャストも続々と決定。順子の親友でキャバクラのオーナー松岡美和役に安達祐実、順子の父・春見正役に石丸謙二郎、文科省局長で堅物な匡平の父・由利菖次郎役に鶴見辰吾が扮する。さらに順子が働く塾「山王ゼミナール」の塾長・梅岡道真役に生瀬勝久、順子が東大受験に失敗してから険悪な仲になってしまった鬼母・春見しのぶ役に檀ふみと、ベテラン俳優陣が勢ぞろいした。さらに高橋洋、皆川猿時など個性豊かなキャストが出演し、ドラマを盛り上げる。

 ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて2019年1月より毎週火曜22時放送。

クランクイン!

「横浜流星」をもっと詳しく

「横浜流星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ