『プリズン・ブレイク』正統派スピンオフ『ブレイクアウト・キング』で描かれるティーバッグ決死の脱獄劇!

11月14日(木)21時9分 海外ドラマboard

大ヒットタイムリミット・サスペンス『プリズン・ブレイク』の正統派スピンオフ・ドラマ『ブレイクアウト・キング』には、なんと!本家からティーバッグがゲスト出演!ある心揺さぶられる目的を胸に3度目の脱獄をした男の行く末は・・・?

近年では、当たり前のように日常生活に溶け込んでいる海外ドラマだが、その海外ドラマブームを巻き起こした二大巨塔と言えば、間違いなく『24-TWENTY FOUR-』と『プリズン・ブレイク』であろう。
特に『プリズン・ブレイク』は、無実の罪で投獄され、死刑執行までの残りの時間で、IQ200の天才建築技師である弟が、単身、刑務所へと入所し、兄を助け出そうという時間の制約のある作品として、次々とエピソードを観てしまう中毒性が大きな話題となった。
そんな大ヒットタイムリミット・サスペンス『プリズン・ブレイク』に、正統派の続編があることをご存じだろうか?
ここでは、2011年より全米で放送が始まったクライム・サスペンス『ブレイクアウト・キング』を紹介しよう。

そもそも『プリズン・ブレイク』とは?

https://www.imdb.com/title/tt0455275/mediaviewer/rm3065549824?ref_=tt_ov_i

『プリズン・ブレイク』は、2005年から2009年まで米FOXで放送された、タイムリミット・サスペンス。
副大統領の兄弟殺しの汚名を着せられ、無実の罪で投獄されたリンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)が死刑宣告を受け、重警備刑務所フォックスリバーに入所することから物語は幕を開ける。
過去にフォックスリバー刑務所の設計に携わった弟のマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は、兄の無実を信じ、助け出すことを決意。
全身に刑務所の設計図を象ったタトゥーを施し、IQ200の頭脳を駆使して、脱出不可能な刑務所からの脱獄計画を企てる。
刑務所生活で出会った気のいい同房者スクレ(アマウリー・ノラスコ)、マフィアの元幹部アブルッチ(ピーター・ストーメア)、元軍人で調達屋のシーノート(ロックモンド・ダンバー)、小児性愛者の凶悪犯ティーバッグ(ロバート・ネッパー)、精神異常者のヘイワイヤー(サイラス・ウィアー・ミッチェル)、スリの達人で最年少のトゥイーナー(レイン・ギャリソン)らと共に、まんまと脱獄に成功した彼らは、‘‘フォックスリバー8’’と呼ばれるようになり、全米中からその身を追われることになる。

シーズン1ではフォックスリバー刑務所からの脱獄、シーズン2では決死の逃亡劇、シーズン3では舞台をパナマへと移し新たな刑務所SONAからの脱獄、そしてシーズン4では主人公の兄弟を陥れた組織との全面対決を描き、日本でも海外ドラマブームを巻き起こすほどの大ヒットを記録した。
2009年のオリジナル・シリーズ完結後となる2017年にはリバイバル版として全9話のシーズン5も製作されたが、この空白の8年間の間に製作されていたのが、正統派スピンオフ『ブレイクアウト・キング』である。

『ブレイクアウト・キング』あらすじ

https://www.imdb.com/title/tt1590961/mediaviewer/rm3629757952?ref_=tt_ov_i

『ブレイクアウト・キング』は、オリジナルの『プリズン・ブレイク』とは異なり‘‘脱獄する側’’の視点で観た作品ではなく、‘‘脱獄犯を追う側’’の視点に立った物語が展開される。

とある服役囚が脱獄したことを受け、連邦保安官補のチャーリー(ラズ・アロンソ)は、まさに脱獄・逃亡のプロフェッショナルとでも言うべき囚人たちを特別捜査チームに招聘。
「刑期を減らす」ことを条件にIQ210の心理学者ロイド(ジミ・シンプソン)、賞金稼ぎのエリカ(セリンダ・スワン)、情報屋のシェイ(マルコム・グッドウィン)は、保安官補らと協力しながら、脱獄犯を捕まえることに尽力する。

一話完結型のクライム・サスペンスである同作は、これまでの‘‘追われる側’’の視点とは異なり‘‘追う側’’の視点から物語が展開されるため、『プリズン・ブレイク』とは一線を画す、新鮮な印象を受ける。
また、本作の魅力は『プリズン・ブレイク』の製作陣が再び結集しているところにもあり、なんと!オリジナルからの特別出演も実現しているのだ!

『プリズン・ブレイク』と言えば、この男!

https://www.imdb.com/title/tt1590961/mediaviewer/rm2167257856?ref_=ttmi_mi_all_sf_28

『ブレイクアウト・キング』シーズン1第3話では、『プリズン・ブレイク』ファンには堪らないサプライズが待ち受ける。

マイケルによるフォックスリバー刑務所やSONAからの脱獄計画にまんまと乗っかり、そのたびにマイケルやリンカーンの邪魔をしてきた悪名高き凶悪犯のセオドア・‘‘T-Bag''・バッグウェルが登場するのだ。
彼は『プリズン・ブレイク』シーズン4のラストで再びフォックスリバー刑務所に投獄され、終身刑となっていたが、ある目的を胸に、三度(みたび)脱獄計画を決行する。
相も変わらずポケットを外に出し、同房者を奴隷のように引き連れているティーバッグは、義手の交換のために護送されていた最中に脱獄に成功。
逃走中に次々と殺人を繰り返していくが、その目的は一体何なのかというのが、物語のテーマとなる。

https://www.imdb.com/title/tt1590961/mediaviewer/rm2200812288?ref_=ttmi_mi_all_sf_26

劇中では捜査資料として、ティーバッグの過去や2度にわたる脱獄の様子までもが語られ、ファンは鳥肌級に楽しめるものとなっている。
ティーバッグに憧れさえ抱く心理学者のロイドは、ティーバッグの奇怪な行動に疑問を抱きながら、捜査を進めていく。
そして次第にティーバッグが脱獄をした‘‘本当の理由’’が明らかになっていく・・・。
物語の最後にティーバッグが見せる‘‘愛の形’’には、思わず涙が出てしまうほどに、心を揺さぶられる。
育った環境がゆえに生まれてしまった‘‘怪物’’が、一人の‘‘人間’’であることを突き付けられる衝撃のエピソードである。
吹替版は、もちろん!若本規夫 氏だ!

2017年にリリースされた『プリズン・ブレイク』シーズン5を視聴済みだという方々のほうが、正直楽しめるかもしれない。
ティーバッグの心の奥底を知っていれば知っているだけ、感情移入できるであろう。

『プリズン・ブレイク』正統派スピンオフ・ドラマ『ブレイクアウト・キング』は、シーズン1&2が現在リリース中!

海外ドラマboard

「スピンオフ」をもっと詳しく

「スピンオフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ