今年は考古学研究所で“笑ってはいけないトレジャーハンター”

11月15日(木)5時0分 マイナビニュース

日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の大みそか恒例の特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズが、今年は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』として放送されることが14日、分かった。12月31日(18:30〜24:30)に、6時間にわたって放送される。

13年目となる今年は、ダウンタウン(松本人志浜田雅功)、月亭方正ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が、新人トレジャーハンターにふんし、「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」でさまざまな研修を実施。数々の笑いのトラップに笑ってしまうと、お仕置きを受けることになる。

ロケは今月上旬に行われ、関東のある県の廃校になった学校2校を貸し切り、壮大な撮影を展開。比較的天候にも恵まれ、無事に終了した。

今年も、豪華ゲストが笑いの刺客として登場。研究所に向かうバスでは、今旬の女優が伝説のスケバンにふんし、メンバーの秘密を暴露するほか、日本アカデミー賞受賞の若手女優の本気面接に、メンバーが爆笑する。

もちろん、超大物タレントがふんする考古学研究所の所長へのあいさつは欠かさず、待機部屋では名物の引き出しネタに加え、大物落語家・有名文化人たちが参戦。有名親子に人気子役、そして「ガッデム!」でおなじみのプロレスラーの登場も予告されている。さらに、恒例の「驚いてはいけない」がリニューアルされているという。

ロケを終えた浜田は「ケガ人も出ずにね、無事に終われまして。まぁ若干山ちゃん(方正)が気になりますけども、良かったと思います」、松本は「まぁ最初、何がトレジャーハンターやとか思ってたんですけど、こうやってみんなで一緒に送れたことが、何よりも宝物やったんかなと思ってますわ」と総括。

方正は「いやぁ〜、疲れましたけど、とりあえず無事で、みんなケガもなく、良かったです」、遠藤は「平成最後の『笑ってはいけない』やと思うんで、よう考えたら、平成の半分を大晦日やってたってのはすごいなと思います」、田中は「あの、大変だったんですけど、今、もう満足感でいっぱいです」と、それぞれ感想を語っている。

鈴木淳一プロデューサーは「今回のテーマはトレジャーハンターということで、登場するアイテムやキャラクターに冒険ものの要素を取り入れた笑いの仕掛けが続々登場します! 難しいことは考えず、とにかく大みそかを笑って過ごしていただけたら、と思います」と呼びかけた。

(C)NTV

マイナビニュース

「笑ってはいけない」をもっと詳しく

「笑ってはいけない」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ