『嵐』二宮和也の“フライング”でラストイヤーの荒稼ぎに暗雲か

11月15日(金)17時30分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 



来年いっぱい限りで活動休止する国民的グループ『嵐』。11月12日、メンバーの二宮和也が、かねて交際していた元フリーアナウンサーの一般女性との〝電撃結婚〟を発表し、世間を驚かせたが、何よりも昨今の〝異常な働きっぷり〟に対し、心配の声が続出している。


【関連】『嵐』二宮和也“大物俳優”にタメ口連発でドン引き「めちゃくちゃ不快」ほか


去る9日、東京・皇居前広場で開催された天皇陛下の即位を祝う民間主催の「国民祭典」の祝賀式典で奉祝曲を披露し、日本中を感動に包んだ「嵐」の5人。そんな彼らが、式典の直後に〝39時間でアジア4都市ジャック〟するというトンデモない挑戦をした。実は、2006年に24時間でタイ、台湾、韓国と3カ国を回る弾丸ツアーを実施しており、今回はそれをさらにパワーアップさせ、39時間でインドネシア、シンガポール、タイ、台湾と4カ国を訪れるというもの。


移動に使われたのは『BBJ』(ボーイング・ビジネス・ジェット)と呼ばれるプライベートジェット機で、普段は世界中の政府が要人輸送を行う際に使用されているとのこと。「嵐」の凱旋に、各国のファンは歓声を上げ大喜びし、貴重な機会となったようだ。


「嵐は、9日に国民祭典で歌唱するという大仕事を終えた後、5時間後には羽田空港からプライベートジェット機で飛び立つという強行スケジュールを敢行しました。先ごろ開設された公式インスタグラムでは、目まぐるしく各国を移動し、多くのファンから歓迎を受ける嵐の姿が頻繁に更新されていました。中には、相葉雅紀が『眠くないよ、おれは眠くない!』と気合いを入れるも、その直後に櫻井翔が大きなあくびをするといった気の抜けた場面も…。リーダー・大野智の〝切なる思い〟がきっかけで2020年の活動休止が発表され〝ファンに感謝を伝えるための2年間にする〟と宣言していた嵐が、まさかここまで不眠不休の過密スケジュールだとは、誰も予想していませんでしたね」(芸能記者)


 


このタイミングで結婚発表 二宮ファンの心情は?


そんな「嵐」の活躍に、往年のファンをはじめ、多くの人から、



《明らかにオーバーワーク 本人たちがそれでよければいいんだろうけど…》

《最後まで働かせるね〜》

《何だか馬車馬のように働かさせられてるな。止める前に稼げるだけ稼ごうって感じ》

《次から次からものすごく忙しそうだけど、大野さんの体力・メンタルは大丈夫なのかね》



などと、心配する声が続出。一方で、活動休止後に結婚を発表するとウワサされていた二宮の予想外の〝フライング〟に対し、



《最後の荒稼ぎに暗雲》

《ラスト1年に声援を送りたいファンはつらいだろうな。活動休止後まで待てなかった理由は何だろねって、アレかww》

《各メディアに法的措置チラつかせて〝一般人〟を徹底させてるのがヤミ過ぎる》



など、ラストイヤーとなる「嵐」の活動に多少なりとも〝弊害〟が出ることを懸念する声も散見された。


何はともあれ、「嵐」にとってもファンにとっても、良い形で〝最後〟を迎えられればいいのだが…。


 


まいじつ

「嵐」をもっと詳しく

「嵐」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ