稲垣・草なぎ・香取“72時間テレビ”涙の真相

11月15日(水)0時0分 ナリナリドットコム

「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)11月15日発売号は、11月2日〜5日に生放送された、AbemaTV「72時間ホンネテレビ」に出演した、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の独占インタビューを掲載している。

何事にも全力で取り組む稲垣、草なぎ、香取の姿に多くの視聴者が引き付けられ、時代の変革をも感じさせた「72時間ホンネテレビ」。今回「週刊ザテレビジョン」では、放送から数日後の3人に緊急インタビューを敢行し、ラストの72曲メドレーで見せた“涙の真相”ほか、番組を終えた率直な思いを聞いた。

「皆さん、大変なスケジュールの中、来てくださって、応援してくれているゲストの方、視聴者の方、スタッフの方、その思いにすごく感激したというか。大勢の方のコメントと、最後の森くんのコメントには、グッとやられちゃった」(稲垣吾郎)

「本当に新しい第1歩だったので。3人で72時間の最後にライブをやる、しかもステージに立つのは久しぶりで。やる前はプレッシャーも大きかった。でも、ファンの方の応援を感じたのと、やっぱり皆さんへの感謝の気持ちが大きくて」(草なぎ剛)

「僕は、歌っている最中からグっとくる部分があって。ゲストの皆さんからメッセージVTRもありましたし。この状況で来てくださったゲストの方への感謝をどう返したらいいのかと思っていたのに、コメントをいただいたことも知らなくて」(香取慎吾)

緊急インタビューではほかにも、番組が終わった後の過ごし方やSNSを始めて感じたことなど、3人の思いをたっぷりと掲載している。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

テレビをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ