「クロウ/飛翔伝説」リブート版の撮影開始

11月15日(水)11時32分 ナリナリドットコム

ジェイソン・モモア(38歳)が、次回出演作となるリブート作品「ザ・クロウ・リボーン」の撮影を開始するようだ。

11月23日に日本公開となる「ジャスティス・リーグ」でも演じているアクアマンの単独作の撮影が終了したジェイソンは、1994年公開のアレックス・プロヤス監督によるスリラー「クロウ/飛翔伝説」のリブート作品に移る準備ができているという。

オリジナル作品では、主演したブランドン・リーが撮影中に発砲事故で死亡する事件が起きていた。

昨年、コリン・ハーディがメガホンを執るリブート作品で主演を演じることが発表されていたジェイソンは、今回インスタグラム上に役柄の白黒のメイクを施した自身の写真をアップして「長い間待っていたよ。コリン・ハーディ、一緒にやろう」とコメントを添え、同作の撮影が開始されたことを伝えている。

オリジナル作品同様に、同リブート作も1989年のジェームズ・オバーによるコミック「ザ・クロウ」を基にしたものとなっているが、以前にはリブート作はより原作に近い作品になると報じられていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

伝説をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ