声優木戸衣吹が20歳誕生日、晴れ着姿で飛躍誓う

11月15日(水)5時6分 日刊スポーツ

20歳の誕生日にお参りをする声優の木戸衣吹(撮影・丹羽敏通)

写真を拡大


 声優木戸衣吹(きど・いぶき)が、20歳の誕生日を迎えた14日、東京・目黒の大円寺で晴れ着姿をお披露目し、取材に応じた。
 記念すべき二十歳の門出。振り袖は「ハタチだから着られるかな」と、白地に猫やリボンなどがあしらわれたかわいらしいデザインのものをチョイスした。帯は数え切れないほどの星がちりばめられたデザインのものを選び、「これからスターになりたい、と選びました」とニッコリ笑った。
 11年にホリプロタレントスカウトキャラバンのファイナリストになり芸能界デビュー。この6年の変化について聞かれると、「女子高生とかロリっぽい役が多かったけど、年を重ねて、ゲームの収録とかで30代の役を演じたりするようになりました」と、求められる役にも変化を感じている様子。「10月に朗読劇を初めてやったんですけど、すごく楽しいなと思ったので、舞台の仕事がこれから増えたらいいなと思います」とさらなる飛躍を誓った。
 所属事務所に「○歳まで恋愛禁止」などのルールはない。「まだ20歳なので、今はお仕事を頑張ろうと思います」と、恋愛は二の次といった様子だが、理想の男性像を聞かれると「ミッキーマウスみたいな広い心で、いつも笑顔の男性がいいですね」と頬を赤らめた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

声優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ