槙原敬之「小さい子がサンタと」間違われた過去告白

11月15日(水)7時18分 日刊スポーツ

「めざせ !  世界一のクリスマスツリーPROJECT~輝け、いのちの樹。~」記者会見に出席した槙原敬之(撮影・村上幸将)

写真を拡大


 槙原敬之(48)が14日、都内で「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」の記者会見に出席した。
 兵庫・神戸メリケンパークに、高さ30メートル、重さ24トンのあすなろの木を植樹し、世界一高いクリスマスツリーを立てる企画。来月2日のオープニングセレモニーで歌唱予定の槙原は、実家の電気店を手伝っていた学生時代のクリスマスを振り返り「(家電を運んでいたら)小さい子がサンタクロースだと思い喜んでくれた」と、ほっこりエピソードを披露した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

告白をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ