堀尾アナ、日馬富士は酒で「相当、性格変わる印象」

11月15日(水)9時15分 日刊スポーツ

堀尾正明アナウンサー

写真を拡大


 元NHKの堀尾正明アナウンサー(62)が、横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)を取材した際の印象として「お酒を飲むと相当、性格が変わるのかな」と語った。
 15日放送のTBS系「ビビット」は、日馬富士が幕内貴ノ岩に暴行した騒動をトップニュースで取り上げた。MCの国分太一は「いやぁ、もうなんていうか本当に残念なニュースが入ってきました。先場所、3横綱が休場の中、なんとか相撲界を盛り上げようとしまして、ケガがある中で優勝した、この場所は本当に感動しましたよね。そんな中で……」とショックを隠さなかった。
 堀尾アナは日馬富士が横綱昇進を決めた際にインタビューしたという。「すごい気遣いの方で、ものすごく神経が細やかな方。僕の座布団が曲がっていたら直してくれたり、リラックスしてインタビューしてくださいよっておっしゃったりしていた」とその人柄を語った上で、「『自分は神経質だから、お酒を飲むと大きな心になれる』って言って、酒席ではずいぶん明るくなっていました。お酒を飲むと相当、性格が変わるのかなっていう印象はありました」との一面も明かした。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日馬富士をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ