朝青龍は「お酒控えたらしい」高須院長が近況明かす

11月15日(水)13時37分 日刊スポーツ

元横綱朝青龍

写真を拡大


 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、大親友だという元横綱朝青龍の近況を伝えた。
 高須氏は15日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。横綱日馬富士の暴行騒動の話題から、同じくモンゴル出身力士で過去に暴行問題の責任を取って引退した朝青龍との交流を明かした。
 高須氏は、朝青龍が引退した当時、「『K−1』においでっていって石井(和義)館長と話してて」と、格闘家への転向を勧めていたという。しかし朝青龍は地元に帰って実業家になるという夢を選び、現在については「彼は気がかっこよかったからモンゴルでは白鵬さんよりもウンと人気がある。すごくハッピーですよ、今」と明かした。
 また、今回の日馬富士と同様に朝青龍もかつて酒席でのトラブルが問題となったが、高須氏は「お酒飲んで大暴れするっていうのは横綱辞めてからでもそこら中でやってますけど、この頃はちょっと体の具合で控えたみたい」と語った。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

朝青龍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ