マジプリ、地元・名古屋のシンボルとコラボ サンシャインサカエを堂々ジャック

11月15日(水)17時0分 オリコン

MAG!C☆PRINCEが栄のシンボル「SUNSHINE SAKAE」とのスペシャルコラボレーション

写真を拡大

 東海地区を拠点に活動する5人組ボーイズグループ・MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス 通称:マジプリ)が、名古屋・栄の総合商業施設「サンシャインサカエ」とコラボレーションし、この冬にさまざまなキャンペーンを展開することが明らかになった。

 これまでメンバーがそろって出演するCM「イモトのWiFi」の広告や、5thシングル「YUME no MELODY/Dreamland」の広告では東京・渋谷をジャックしてきたマジプリ。今回は活動拠点である名古屋・栄へ、キャンペーン限定のオリジナルビジュアルで凱旋する。

 「MAG!C WINTER featuring MAG!C☆PRINCE」と題したキャンペーンでは、開始日の28日から巨大丸型壁面広告、大型フラッグなどが同館に登場。続けて12月14日からは、グランドキャニオン広場では「MAG!C☆PRINCE屋台」がスタートし、同館のシンボルでもある大観覧車もマジプリがジャックするなど、敷地内がマジプリ一色に染まる。

 メンバーの大城光は「サンシャインサカエさんとこんなにも大きなコラボレーションができることを本当にうれしく思います! 学生の頃から見てきた場所なので、当時の自分に自慢したい! それくらい感動しております!」とコラボに大喜び。地元のシンボルへの凱旋に「東海地方の皆さま、お待たせしました!」と声を弾ませ、「サンシャインサカエで、僕たちと魔法のような時間を過ごしましょう!」と呼びかけている。

 キャンペーン詳細は、後日発表される。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ