茨城県出身のカミナリと虹コン・根本凪の温泉レポも 茨城の写真映えスポットを巡る動画番組配信

11月15日(水)12時14分 オリコン

いばキラTV「#いばジェニック写真旅(仮)」より。

写真を拡大

 茨城県出身のカミナリと根本凪が、茨城県の魅力を配信するインターネット動画サイト「いばキラTV(ティービー)」の新企画「#いばジェニック写真旅(仮)」に出演。その第1弾として、根本の入浴シーンも見どころの「#1女湯編」が14日から配信開始されている。

 全国で唯一、民放の県域テレビ局が無い茨城県が運営する「いばキラ TV」は、茨城県の魅力を発信すべく、2012年10月1日に開局したインターネット動画サイト。普段テレビでは放送されることの少ない県内高校スポーツなどの取材や、4Kカメラやドローンを活用した観光動画、YouTuberや人気タレントを起用した独自の番組を制作している。

 今回新たに公開された「#いばジェニック写真旅(仮)」は、茨城県鉾田市出身の幼なじみで結成したお笑いコンビ「カミナリ」のまなぶとたくみ、アイドルユニット「虹のコンキスタドール」のメンバーで水戸市出身の根本凪の3人が、茨城県出身者ならではの茨城県ローカルトークを交えながら、茨城県内の写真映えスポット≒“いばジェニック”スポットをスマートフォンで自撮りしながら紹介していく全7本の旅番組。

 まなぶのさりげないボケに対するたくみの切れの良いツッコミなど、幼稚園からの幼馴染である2人の息の合ったやり取り、そして根本の可愛らしいリアクションや旅の思い出を得意の絵にする姿など、見どころ満載。毎回、撮影当日までタイトルが決まっておらず、出演者には「旅をしながらタイトルを考案する」というミッ
ションが課せられており、3人で考え出したタイトル案が、県の広報広聴課に採用してもらうことができるのかもポイントとなっている。

 第1弾の「#1女湯編」では、二ツ島観光ホテルに3人が訪問、展望露天風呂「温泉・二眺の湯」からの海と巨大岩の絶景を紹介する。グラビアでも活躍する根本の入浴シーンでは、ひたすらマイペースで可愛らしいリアクションとレポートにほっこりするはず。

 番組をスタートさせた茨城県出身の3人に、それぞれの「茨城エピソード」を聞いてみた。まなぶは「高校の時、学ランの上に THE NORTH FACE のジャケット着て、カーハートのニット帽被って通学してたんです。そしたら、ヤンキーに「来週ぶっ飛ばす」って言われて絡まれたことあります(笑)」。たくみは「僕たちやっぱ、鉾田(市出身)なので、水戸を大都会だと思ってたんですよ。だから、初めて水戸に行った時はビビッてたんですよ。駅前より奥に行ったら、なんか…ぶっ飛ばされるんじゃないかみたいな、その怖さがありました」と地元ネタを披露。

 一方、水戸出身の根本は「水戸出身で、地元が大好きです。今でも時間を見つけては、ちょくちょく帰ります。ひたち海浜公園はちっちゃい頃も今もよく遊びに行くスポットです。遊園地があるので超楽しいです!」と語った。

「#いばジェニック写真旅(仮)〜」は今後、17日「#2 男湯編」、21日「#3 車中トーク」、24日「#4 那珂湊おさかな市場前半」と順次公開。以後も毎週火曜日・金曜日に1本ずつ、計7本を公開予定だ。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

茨城をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ