新生M!LK、ラゾーナでライブ&竹下通りゲリラ撮影も

11月15日(木)15時41分 オリコン

M!LKが7人体制初シングル発売日にラゾーナ川崎でライブ

写真を拡大

 7人組ボーカルダンスユニット・M!LKが14日、新体制初のシングル「Over The Storm」をリリースし、ラゾーナ川崎で発売記念のフリーライブを開催した。

 8月にメンバー3人が加入し、7人組として新たなスタートを切ったばかり。「み!るきーず」と称するファンが揺らす色とりどりのペンライトと大歓声で迎えられたメンバーは「みなさん、どんどん盛り上がっていきましょう!」と元気いっぱいに呼びかけ、新曲「Over The Storm」からスタートした。

 ファンとの掛け合いによるメンバー紹介では、「末っ子だけど色男」の琉弥、「白銀の王子様」の山中、「君のハートにボレーシュート」をキメる曽野舜太と、新メンバーにも客席から合いの手が入り、既存メンバーの板垣瑞生、佐野勇斗、塩崎太智、吉田仁人へのコールも以前にも増して熱を帯びた。

 カップリング曲「ハロー!」では、板垣と佐野の“いたちゃの”コンビが肩を組むシーンで大歓声も。ファンへの想いを込めた「Feel Alive」を初披露し、爽快なビートに乗せて“出会ってくれた君”へ愛を伝えた。

 リーダーの吉田は「改めて、僕たち7人のM!LKを応援してくださりありがとうございます」とあいさつ。塩崎が「最後の曲で盛り上がってくれますか」とあおると「Brave Saga」に突入し、最後に全員で肩を組む振り付けで一体感を高めた。ステージの去り際には佐野と曽野の“さのその”コンビが肩を組んで、み!るきーずたちに投げキス! コンセプトとしている“変幻自在”なステージでファンを魅了した。

 また、この日の朝には東京・原宿の竹下通りにメンバー7人が現れるサプライズもあった。現在、竹下通りでは入口ゲートに7人の横断幕、メインストリートにはソロのフラッグがはためき、ビジュアルジャック中。街頭スピーカーからは「Over The Storm」が流れている。「Over The Storm」巨大看板前にやってきた7人は、口々に「すごいね!」「デカい!」と興奮しつつゲリラ撮影を敢行。出社途中のサラリーマンが立ち止まったり、たまたま居合わせた女性たちがM!LKのメンバーと気づいたりと現場は騒然となった。

 「Over The Storm」は11/13付オリコンデイリーシングルランキングで2位に初登場。23日には東京・豊洲PIT、25日には大阪・堂島リバーフォーラムで新体制初ワンマンにして4周年記念ライブ『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ2 & cool これがM!LKっ〜』を開催する。

オリコン

「M!LK」をもっと詳しく

「M!LK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ