元東北放送アナウンサー・薄井しお里、生放送では“はかない”集中法に中居正広も驚愕

11月15日(木)20時25分 オリコン

元東北放送アナウンサーからグラビアアイドルに転身した薄井しお里。スチール/西條彰仁

写真を拡大

 元東北放送アナウンサーからグラビアアイドルに転身した薄井しお里が、14日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系 毎週水曜23:59〜24:54)に出演。バラエティデビューを果たした。

 14日の放送回は「大食いBIG3&クセあり女子アナ2本立てSP」で、薄井はクセあり女子アナの一人として登場。トークで「局アナ時代に生放送のニュースを読むときはノーパンで」と明かすと、MCの中居正広もびっくり。タカアンドトシのトシはたまらず「変態じゃねえか!」とツッコんだ。

 その理由は本人曰く「生放送での緊張を紛らわすため」。ノーパンでいることによって「自分はノーパンだから緊張している場合じゃないぞ」思えるそうで「よりニュースに集中できる」と独特の理論を展開。それ以来、大事なときは「ノーパン」ということで「今日は?」と聞かれると「ノーパンティーです」と明かし、またまた出演者を驚かせていた。

 「うすしお」が愛称の薄井しお里は、小さい頃からグラビアアイドルへの憧れを抱きながらも、アナウンサーとして就職。しかし夢を忘れることが出来ず、退社後オーディションを経て、満を持して2018年8月に週刊ポストでグラビアデビューしている。

オリコン

「東北」をもっと詳しく

「東北」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ