あっとくん、12・25新曲発売 作詞初挑戦で「個性を存分に出すことができた」

11月15日(金)0時0分 オリコン

12月25日発売に2ndシングル「マッドディペンデンス」をリリースするあっとくん

写真を拡大

 歌い手のライバーシーンの新星・あっとくんの2ndシングル「マッドディペンデンス」が、12月25日に発売されることが決定。あわせて、ジャケット写真が公開された。

 前作同様、すとぷりのリーダー・ななもり。がプロデュースした今作。タイトル曲の「マッドディペンデンス」は互いを狂おしいほどに求め合う男女を、「狂依存」という言葉で綴ったもの。作詞はあっとくん自らが共作で手掛け、“エロ可愛い”世界観を再現している。

 あっとくんは、作詞、歌以外にもラップに挑戦。「今回オリジナル4曲目の楽曲にして、初の作詞とラップに挑戦しました。経験したことのない世界への挑戦からくる興奮がありましたが、その反面、自分の実力も正解もわからない不安があり、どうなるか心配でした」と正直な心境をコメント。

 だが、共作の作詞・作曲・編曲を担当したHey! Say! JUNPやKAT-TUNなどの楽曲も手掛けるシマダユウキ氏の存在が大きかったといい、「打ち合わせの時から親しくしていただき、とてもいい環境で曲作りができました。作詞もしっかりサポートしていただいたので、『あっとくん』としての個性を存分に出すことができた歌詞だと思っています」と大満足の様子。

 また、シマダ氏も「この声をもっとたくさんの人に聞いてもらいたいです。アップテンポなサウンドに乗るあっとくんの歌、言葉、歌詞の世界観に存分に依存してください」と話し、あっとくんも「これまでとはまたジャンルを変えて、とてもとてもノリのいいアップテンポな曲となっています。ぜひ聴いてもらって、ライブで『狂依存』しようぜぇぇぇぇ」と自信をのぞかせた。

 また、カップリングの「ザレゴト」は1stシングル「CrazyCrash」を手掛けた内山栞によるもの。AKB48などのヒット曲を送り出してきた彼女の楽曲は、生バンドをバックにスモーキーな空気感を醸造し、毒性の高いスローテンポなイケボ曲となっている。

 販売店ごとのオリジナル特典も公開され、缶バッジ A(アニメイト)、缶バッジ B(タワーレコード)、ポストカード2枚組(ヴィレッジヴァンガード)、アナザーCDジャケット(BOOTH※オンラインショップ)の4種類。

オリコン

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ