日馬富士のビール瓶殴打事件で、坂上忍が相撲協会に激怒

11月15日(水)17時39分 RBB TODAY

坂上忍【撮影:椿山】

写真を拡大

15日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)で、坂上忍が横綱・日馬富士による平幕・貴ノ岩関への殴打事件に言及し、日本相撲協会に激怒する一幕があった。

 先月行われた鳥取巡業の酒席で、貴ノ岩が先輩力士を前に「もうあなたたちの時代ではない」といった発言が端緒となり、さらに彼がスマートフォンを操作しようとした瞬間に日馬富士がビール瓶で彼の頭部を殴打したという。

 坂上は「本来であれば格闘家の方たちはリング以外では絶対に手をあげないのが常識」とし、周囲にいた白鳳などが制止に入ったものの止められなかったことに対し「誰も止められないって相当ですよ」とコメント。

 また事件後、日馬富士が伊勢ケ浜親方とともに謝罪に訪れた際、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方が2人を車で素通りしたことについて、「強烈な意思表示(を感じる)。それくらい許せないことがあった」と推測。「筋をとことん貫く人」と、親方の覚悟に共感した。

 また日本相撲協会がこの暴行の事実を徹底追及せず、さらに昨日、日馬富士の九州場所での休場を「ケガ」と場内でアナウンスしたことに対し激怒。「ケガ抱えてない力士なんているわけなんだから!そういうところから正直になっていくべき」と襟を正すことを求めた。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日馬富士をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ