米倉涼子 トランプ晩餐会2日後に見せた膝上15cmミニ撮

11月15日(水)16時0分 NEWSポストセブン

晩さん会の2日後、女子会を終えて店を出た米倉

写真を拡大

 来日したアメリカのドナルド・トランプ大統領(71才)の晩餐会で美しい姿を見せた米倉涼子(42才)。その数日後のプライベートな姿をキャッチした。


 まばゆいばかりのシャンデリアに照らされた迎賓館赤坂離宮「花鳥の間」。天井には36枚の油絵が描かれ、壁には花や鳥が描かれている。主に国や公賓主催の公式晩餐会が催される大広間だ。


 11月6日、トランプ大統領の晩餐会が、この花鳥の間で開かれた。出席したのは安倍晋三首相夫妻のほか、政財界の要人たち。芸能界からはトランプ大統領の孫が大好きだというピコ太郎や杉良太郎(73才)が招かれた。


 そのなかでも、ひと際注目を集めていたのが、米倉涼子。ショート丈の白のファーコートを脱ぐと、背中が大きく開いた黒のドレス姿となり、艶やかな装いで会場の席につく。


「抜群のプロポーションといい、セクシーなドレスといい、いやでも出席者の目をひいていましたよ。菅義偉官房長官(68才)、プロゴルファーの青木功さん(75才)らと同じテーブルで、晩餐会が始まるまで、緊張した面持ちでひとり座っていました」(出席者の1人)


 海外の要人を歓迎する晩餐会に、女優が出席するのは珍しいことだという。


「“日米で活躍する著名人”という観点から、ニューヨークのブロードウェーミュージカルで主演経験のある米倉さんを日本政府が選んだそうです。でも、“トランプさんが直々に米倉さんを指名した”なんて噂もありますし、なんでも米倉さんはトランプさんの“タイプの女性”だという話もあります」(前出・出席者)


 トランプ夫妻と安倍首相夫妻が入場し、いよいよ晩餐会がスタート。食事の間にトランプ大統領と安倍首相が各テーブルを順番に回っていくが、米倉の番はなかなかこない。


「2人が米倉さんのテーブルに回ってきたのはディナーも終盤で、デザートも食べ終わった頃。トランプ大統領はメラニア夫人のいない間に顔を出したようでした。“今がチャンス”という感じだったのかもしれません(笑い)。


 米倉さんがミュージカルの主演経験やモデル活動について話すと、トランプ大統領は“メラニアもモデルをしていたよ”と満面の笑みで応じたそうです。米倉さんに“so beautiful!”などと話しかけていましたね。米倉さんとのツーショット撮影には“イエーイ”という感じで親指を立て、ご満悦な様子でした」(前出・出席者)


 これは本誌のみの独占公開ショットとなったが、米倉のおかげだろうか、トランプ大統領は終始上機嫌で、「韓国や中国での晩餐会の時より笑顔が多かった」(政治記者)との評判だ。


 そんな豪華な晩餐会の2日後、米倉は東京・白金の高級住宅街にいた。ダークレッドのハットにライダースジャケット、裾にファーがあしらわれた膝上15cmのミニスカにロングブーツを合わせたコーディネートの米倉が向かったのは、芸能人御用達のカウンターレストラン。晩餐会の時より足取り軽く満面の笑みで豪快にグラスを空けていたが、そのお相手は…女友達2人だった。


 ドラマ収録中の上、会合続きにもかかわらず、まったく疲れを見せない米倉。アジア外遊中のトランプ大統領と比べてもひけをとらないほど“失敗しない女”は多忙に飛び回っていた。


※女性セブン2017年11月30日・12月7日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

晩餐会をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ