小倉優子の手作り和食 一流料理人が実食し「ひと言」

11月15日(金)16時1分 しらべぇ

小倉優子

14日放送の『プレバト!!』(TBS系)に、タレントの小倉優子が出演。出汁にこだわって手作りした和食料理を一流料理人が実食し、その評価にスタジオからも驚きの声があがった。


■「綺麗な味」と絶賛

泉谷しげる、金澤美穂、秋吉久美子らとともに、番組内の企画「出汁から作る旬和食査定」に初挑戦した小倉。これまで料理本を3冊出版するなど、料理上手としても知られる彼女は、出汁にこだわった「鮭しんじょう」を作ってみせた。

小倉の料理を実食した、ミシュラン三つ星を獲得している京都「祇園佐ヽ木」の佐々木浩先生は、「すごくクリーンで綺麗な味ですね」と絶賛。

さらに「この一番出汁の昆布は水出しされてますよね」「すごく良い調理方法だと思います」と、時間をかけた丁寧な調理法も評し、スタジオからも感嘆の声があがる。


関連記事:世界的ゲイ・コレステロールタクヤが教える『魚肉ソーセージレタスチャーハン』が激ウマ

■先生からのアドバイスは…

しかし、鮭の味に対して昆布の味が負けてしまい、バランスが崩れてしまったという理由から、小倉は全体で3位という結果に。

小倉は、水1リットルに対して昆布7グラムという、一般的な分量で出汁を取ったのだが、佐々木先生いわく「椀ものは使う食材によって昆布の分量を変える」ことがポイントだそうで、今回の料理であれば昆布は倍量使っても良かった、というアドバイスが。

小倉は結果にややショックを受けつつも「バランスか〜!」と、先生からのアドバイスに納得したようだった。


■約7割「料理上手な人に憧れる」

改めて、確かな料理の腕前を証明した小倉。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代〜60代の男女1,721名を対象に実施した調査では、全体で約7割もの人が「料理上手な人に憧れる」と回答している。

おいしい料理は、幸せな気分にさせてくれるもの。比較的時間に余裕のあるときなど、雑味のないおいしい出汁に仕上がる「水出し昆布」を実践してみてはいかがだろうか。


・合わせて読みたい→『イッテQ』みやぞん、出された料理に「嫌い」と本音 反響相次ぐ


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17 日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

しらべぇ

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ