道端アンジェリカ、1億3千万円のジュエリーと石原良純をお付きに従え銀座に降臨

11月15日(水)21時32分 Techinsight

石原良純そっくりのスノーマンをプレゼントした道端アンジェリカ 「GINZA SIX CHRISTMAS 2017」点灯・降雪式にて

写真を拡大

イルミネーションが煌めくこの季節、銀座の街にまた一つクリスマスツリーの灯りがともった。15日、GINZA SIXにて「GINZA SIX CHRISTMAS 2017」点灯・降雪式が行われ、モデルの道端アンジェリカと俳優・気象予報士の石原良純がお揃いの真っ白な衣装で登壇。石原による銀座限定の気象予報と道端のハンドベルで一足早いホワイトクリスマスになった。

「クリスマスの銀座には、奇跡が住んでいる。」をテーマにスタートした「GINZA SIX CHRISTMAS 2017」。ショパールブティックGINZA SIX店の太腿まで大胆にスリットの入ったセクシーな白のドレスで颯爽と現れた道端アンジェリカは「雪の女王で決めた」とニッコリ。キラキラと眩く光を放つジュエリーの値段が気になる石原良純は総額1億3千万円の回答に「言ってくれたら買ってあげたのに〜」とジョークを飛ばし、道端に対して自身は「雪の女王のお付き」と自虐的に笑いを誘った。

クリスマスの過ごし方に話が及ぶと、道端は「家族や友達を呼んでホームパーティをするのが毎年の恒例。教会には必ず行くかな。彼とも過ごすけれどうちの家族とも過ごせたらいいかなと思います」と微笑んだ。

石原家のクリスマスは凄そうと言われた石原は「ろくなことはない。家族みんなで一緒いると大変なんですよ。だからそれぞれ楽しむ」と苦笑いする。また欲しいクリスマスプレゼントを聞かれた道端は「20代の頃は凄くあったけど、そんなに物欲無くなってきて。今は一緒に過ごす時間の方が大切だと思う。素敵な時間を過ごせたらいいかな」と語った。>出産した姉の道端ジェシカは子育て中なので「仕事がゆっくりしたら来年会いに行こうかな」と言い、「風邪ひかないでね、みんな」と取材陣を気遣い会場をあとにした。

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

銀座をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ