増田有華“11歳”で『SEASONS』熱唱 のど自慢大会のお宝映像

11月15日(水)14時0分 Techinsight

森口博子と小学生時代の増田有華(画像は『増田有華 2017年11月14日付Instagram「もっとビックリなのがのど自慢の映像。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

増田有華が11月14日、11歳の時に『BSジュニアのど自慢』(NHK衛星第2テレビ)でグランプリを獲った際の姿をインスタで公開した。彼女が「自分で言うのもなんだけど、お宝映像すぎますね笑」というだけあり、当時司会を務めた森口博子からマイクを向けられる貴重なシーンも見られる。

大阪府出身の増田有華は幼少時から歌うのが大好きで、小学生頃には歌手を目指してヴォーカルレッスンを受け始めた。今では26歳となった彼女が『増田有華 masuyuka_official Instagram』に公開したのは、2002年頃に出場したジュニアのど自慢大会の動画である。母親が「なんとなーく」ハガキで申し込んだところ当選したという。

今思えば「それにしてもなんでこんな難しい曲選んだんだろうかw」という浜崎あゆみの『SEASONS』(2000年)をリズムに乗りながら歌い上げており、11歳には見えない落ち着きぶりである。それでも「今週のグランプリ」に選ばれた心境を「あまりにもトントン拍子で信じられなくて震えたの覚えてるっ!」と振り返っていた。


その日、ゲストだった花*花のおのまきこからグランプリのトロフィーを受け取り握手を交わすとようやく笑顔を見せた。森口博子に「どんな気分?」とマイクを向けられて「もうなにも言えません」と答えながらも、再度『SEASONS』を堂々と歌うあたり只者ではない。彼女はおよそ4年を経て2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格して単身上京するのだった。

『BSジュニアのど自慢』の出場者で後にプロデビューしたなかには元モーニング娘。の高橋愛もいる。もし増田有華と会う機会があれば当時の話に花が咲きそうだ。

画像は『増田有華 2017年11月14日付Instagram「もっとビックリなのがのど自慢の映像。」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

増田有華をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ