HKT48森保まどか『笑コラ』ロケ出演に「自然体で臨めてよかったです」

11月15日(木)17時15分 Techinsight

YAMAHA銀座店を訪れた森保まどか(画像は『森保まどか 2018年10月14日付Twitter「10月31日(水)19:56~日本テレビ系列にて放送の「笑ってコラえて!」にVTR出演させていただきます」』のスクリーンショット)

写真を拡大

HKT48の森保まどかが11月14日放送の日本テレビ系『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』にVTR出演した。彼女は10月14日からSNSで「ピアノ弾いてきました。とっても楽しくてずっと笑ってたので、笑顔いっぱいだと思います」と告知しており、ようやくのオンエアに元NGT48北原里英が「見たよ〜めっちゃ綺麗だった〜」とコメントしたのをはじめ、ファンの間で「正座して観たよ♪ 凄く表情良かったよ♪ ピアノの演奏もバッチリ! 全国に見っかっちゃたね」などの反響を呼んでいる。

今回は“日本列島 名前の旅”企画で「浦」さんのなかから「浦智行」さんを見つけたところ、サイレントピアノを開発したすごい人だった。そのサイレントピアノがいかに素晴らしいかを視聴者に実感してもらうため、YAMAHA銀座店に呼ばれたのが森保まどかである。

彼女がHKT48の制服姿で現れて、スタッフが浦さんに「森保さんです、どうですか?」と聞いても「あ、はい、初めまして」という風で、その場にいた女性客4人にも集まってもらったが「なぜアイドルがここに?」という感じのリアクションだった。

しかし、森保がピアノで『子犬のワルツ』を弾き始めると全員が真剣な眼差しで聴き入っており、そのタイミングでナレーションが「実は彼女、6歳からピアノを弾き始め、10歳でピティナ・ピアノコンペティション本選で優秀賞、『第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール・イン・ジャパン』全国大会自由曲部門中学生の部で9位入賞…」と経歴を並べ「芸能界屈指のピアニスト」と紹介があった。

次に森保はサイレントモードによる演奏を録音した音を比べて、「すごい! 強弱がついてる!」「電子ピアノで録音すると強弱や表情の感じが伝わりづらい」「コレは本当に自分の表現したまま伝わるし、鍵盤のタッチも全く変わらない」と目を輝かせており、いかにピアノを愛しているかが改めて感じられた。

さらには鍵盤を弾いてハンマーが弦を叩くシステムまで踏み込み、サイレントピアノはストッパーでハンマーが弦に当たらないようにして音を消すしくみを知った彼女は「ハンマーが当たっていないのに、普通に弾いた時と鍵盤を押した感じが全然変わらないんですけど?」と浦さんに質問して“サイレントピアノ開発物語”へつなげる。

サイレントピアノに興味津々で質問を繰り出しても違和感がないのは、森保まどかのピアノ演奏を目の当たりにしているからだろう。


彼女は放送後に視聴者から寄せられたコメントを見て「優しい感想いっぱいで嬉しい…泣 自然体で臨めてよかったです」とつぶやき、「またこういったピアノのお仕事ができたらいいな」と願っていた。ピアノが弾けるうえにトークも明るくて分かりやすいので、これからオファーが増えるかもしれない。

画像は『森保まどか 2018年10月14日付Twitter「10月31日(水)19:56〜日本テレビ系列にて放送の「笑ってコラえて!」にVTR出演させていただきます」』のスクリーンショット

Techinsight

「HKT48」をもっと詳しく

「HKT48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ