“YouTuber”堀江貴文氏「ダウンタウンの松本さんはYouTubeだけでやった方がいい」

11月16日(土)9時0分 AbemaTIMES

 『株式会社ニシノコンサル』(AbemaTV)が放送され、堀江貴文氏がダウンタウン松本人志のYouTube参加を勧める場面があった。

 自身が出演・プロデュースするミュージカルに関する相談で登場した堀江氏だが、最近はYouTuberとしての活動に力を入れていることを報告。キングコング・西野亮廣の「テレビに出演するモチベーションは?」という問いには、「完全になくなった」と即答する。

 「一般の人たちがどういう風に考えているかを知る機会」「話題になる」とテレビに出演していたという堀江氏だが、最近は「話題性で言っても『YouTube観ました』の方が増えている」と感じているという。

 すると西野は、YouTubeのメリットとして「観たい人だけを観られる。テレビは他の人にも時間を割くから」と説明。それを受けて堀江氏は、「ダウンタウンの松本(人志)さんは、YouTubeだけでやった方がいいと思う。彼が好き勝手に、セットも作らず好きな人を呼んでトークした方が絶対面白い。それを観たい」と大胆なアイデアを提案した。

 番組のブレーンとして出演した箕輪厚介氏も、「嵐がYouTubeチャンネルを開設して(登録者数が)一瞬で100万人。次の“YouTuber3.0”は完全に芸能人がやりだす。今まで芸能人はうまくいかないと言われていたのが主戦場になる」と次の流れを予測する。

 箕輪氏は続けて、SNS上で活動するインフルエンサーの影響力が落ちてきていると指摘。「YouTubeも本当の専門家か著名なタレントが参加して、Twitterみたいになる気がする」「YouTuberが存在しなくなって、“誰がYouTubeをやっているの”になると思う」との見方を示した。
 

映像:YouTuberホリエモンAbemaTVに喧嘩売る?

AbemaTIMES

「YouTube」をもっと詳しく

「YouTube」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ