『十三機兵防衛圏』の手帳型スマホケースとモーテル風キーホルダーが2021年2月に発売。スマホケースにはBJが描かれ、キーホルダーには十三人のシルエットと機兵番号がデザイン

11月16日(月)18時8分 電ファミニコゲーマー

 ホビージャパンは11月16日(月)、PlayStation 4専用ソフト『十三機兵防衛圏』の手帳型スマホケースとモーテル風キーホルダーを2021年2月に発売することを発表した。それぞれ税別で手帳型スマホケースは3500円、モーテル風キーホルダーは1000円。

 『十三機兵防衛圏』はヴァニラウェアが開発し、アトラスより2019年11月28日に発売されたPlayStation 4用ゲームソフトだ。1980年代の架空の日本を舞台に、滅びの運命に抗う13人の少年少女を描く。横スクロール画面で展開するストーリーを楽しむアドベンチャーパートと、大量に現れる怪獣を倒す爽快感が魅力のタワーディフェンスを合わせた作品となっている。

 今回発表された商品の手帳型スマホケースは、BJが配置された普段使いしやすいデザインだ。モーテル風キーホルダーは、十三人の主人公たちのシルエットや機兵の番号がデザインされたものとなっている。

 日常的に使いやすくさり気ないアピールが出来る本商品、気になる方はチェックしてほしい。

ホビージャパン 公式サイト | HobbyJAPAN Co., Ltd.公式サイトはこちら『十三機兵防衛圏』公式サイト公式サイトはこちら

ライター
コムラ
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』

電ファミニコゲーマー

「手帳」をもっと詳しく

「手帳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ