NMB48、新曲で「ネット社会」を猛批判 ファン「須藤凜々花を擁護する曲ですか?」

11月16日(木)16時21分 J-CASTニュース

「結婚宣言」の須藤凜々花さん(2017年6月撮影)

写真を拡大

アイドルグループ「NMB48」の17枚目シングル『ワロタピーポー』の歌詞の内容が、現代社会を辛辣に風刺しているとして話題になっている。

また、「結婚宣言」で同グループを脱退した須藤凜々花さん(20)を想起する人も。いったい、なぜ?



「何で生きているのか教えてくれ!」


同曲は、2017年11月15日放送の音楽番組「ベストヒット歌謡祭2017」(日本テレビ系)で初披露された。



作詞は、AKBグループの総合プロデューサー・秋元康氏が担当。軽快なダンスと明るくポップなメロディーに乗せ、ネット社会への風刺を歌い上げる。



曲中には「何かをやれば叩かれる 反論すれば大炎上」といったフレーズが登場し、昨今問題となっているネット上でのバッシングに触れる。



こうした風潮に


「とかくこの世は住みにくい」

と憂い、最後は、「何で生きているのか教えてくれ!」と痛烈なメッセ—ジで締めくくっている。



「今のご時勢らしくて私は好きだなー」



曲を聞いたファンらからは、


「今のご時勢らしくて私は好きだなー」

「面白くてNMB48しか歌えない曲で良かった」

とおおむね好意的なツイートが目立つ。



また、歌詞の内容から


「難波(編注:NMB48を指す)の新曲って須藤凜々花を擁護する曲ですか?」

と、元NMB48の須藤凜々花さんを連想する人もいた。



須藤さんは、AKBグループの掟である「恋愛禁止」を破り、8月に結婚を理由にNMB48を卒業。一部のファンからは、戸惑いや批判の声もあがっていた。

J-CASTニュース

「NMB48」をもっと詳しく

「NMB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ