ロボット掃除機「ルンバ」がカプセルトイに 引っ張って手を離すと動く

11月16日(土)12時0分 J-CASTニュース

ディテールだけじゃない、本物のように動く

写真を拡大

バンダイは、アイロボットジャパンのロボット掃除機「Roomba(ルンバ)」シリーズのカプセルトイ「ガシャポン iRobot Roomba」全4種を、2019年11月2週目から全国の玩具売り場などに設置したカプセル自販機で順次発売を始めた。

初代から15年発売のハイエンドモデルまで



「Roomba」シリーズを7分の1スケール、全長約50ミリサイズで再現したミニチュアトイ。後ろに引っ張って手を離すと動き出す"プルバック"仕様で、方向転換も行うため、実際のルンバが掃除しているかのように動くという。



ラインアップは、02年発売の初代「Roomba Original」、自動充電機能を備えた04年発売の「Roomba Discovery」、白のフェースプレートを採用した07年発売の「Roomba 537J」、15年発売のハイエンドモデル「Roomba 980」全4種。



価格は1回300円(税込)。

J-CASTニュース

「ロボット」をもっと詳しく

「ロボット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ