「ケイゾク」「SPEC」に続く新シリーズ「SICK'S」続編制作へ 木村文乃「とても身に余る大役」

11月16日(金)4時0分 モデルプレス

竜雷太、木村文乃、松田翔太 (C)モデルプレス

写真を拡大

木村文乃/モデルプレス=11月16日】女優の木村文乃が13日、都内にて開催されたドラマ「SPECサーガ完結編『SICK'S 覇乃抄・厩乃抄』 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜」の制作発表会見に、共演の松田翔太、竜雷太、堤幸彦監督、植田博樹プロデューサーと出席した。

◆「ケイゾク」「SPEC」に続く新シリーズ「SICK'S」続編制作へ

ドラマ「SICK'S」は、「SPEC(スペック)」と呼ばれる超能力を持つ人物・SPEC HOLDER(スペックホルダー)をめぐる事件を追う、内閣情報調査室に設置された特務事項専従係のメンバーたちの活躍を描く。TBS系にて放送されたテレビドラマシリーズ『ケイゾク』(1999年)、『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(2010年)に続く新シリーズで、「SPECサーガ完結篇」と銘打たれている。

会見では、 「SICK'S 恕乃抄〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜」(4月1日からParavi(パラビ)にて配信スタート)に続いて、「SICK'S 覇乃抄」(2019年春からParaviにて配信予定)と「SICK'S 厩乃抄」が制作されることが発表された。

◆木村文乃「とても身に余る大役だな」

特務事項専従係の御厨静琉(みくりやしずる)を演じる木村は、マイクを持つと、「完結編ということで、お話をいただいたのは去年になるのですが、『とても身に余る大役だな』と思いました。今でも緊張しながら撮影をしています」などとコメント。「堤さんと、植田さんと、すばらしいキャストの方々と、そしてこのチームで一緒にできるということで、どのシーンを撮影していても必ず希望があって撮影ができているので、毎日やりがいを感じながら撮影をしています。『覇』と『厩』は急ピッチでの撮影になりますが、引き続きがんばっていきたいと思っていますので応援をよろしくお願いします」とあいさつした。

木村のコメントが終わると、堤監督は「なんて模範解答なのだろうなと」と突っ込み。木村に続いてあいさつを求められた松田も「確かに(笑)どうしようかなと(笑)」と堤監督の突っ込みに乗っかり笑いを誘った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「SPEC」をもっと詳しく

「SPEC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ