平成で1番売れた養老孟司『バカの壁』が450万部突破! シリーズ最新作発売も決定!

11月16日(火)11時35分 Rooftop


unnamed-2.jpg

2003(平成15)年に刊行された養老孟司の著書『バカの壁』は、 その年の流行語に選ばれるほどのベストセラーとなり、 平成で1番売れた新書。 令和に入ってからも、 ロングセラーとして版を重ね、 この度ついに450万部(128刷)を突破。

『バカの壁』に始まる養老さんの「壁」シリーズには、 『死の壁』『超バカの壁』『「自分」の壁』、 番外的作品『遺言。 』があり、 シリーズ累計部数は660万部を超える。そして12月、 待望の新作発売が決定。

新作タイトルは『ヒトの壁』——新型コロナ禍という世界的な事件、 死の淵をのぞいたというご自身の心筋梗塞、 そして愛猫まるの死という個人的な悲しい出来事を経て、 養老さんの思索はどう深まったのか。 これほど生物学的な「ヒト」であるという実感、 そして他人の存在を意識したことがあったでしょうか。 84歳の知性は、 その経験から考える。 今回もまた読者の目からウロコが落ちるような1冊になっている。

『ヒトの壁』の1章には、 こんな意表をつく問いかけが書かれている。 新型コロナに関するテレビ報道では、 よくコロナウイルスの電子顕微鏡写真が映されていた。 多くの人が、 アナウンサーの後ろに大きく映ったあのウイルスを何度も見たことだろう。 では、 ウイルスがあの大きさで見える倍率の顕微鏡で、 アナウンサーを見たらどのくらいの大きさになるのか。

養老の計算では、 おおよそ100万メートル(1000キロメートル)の桁に達するそうだ。画面では、 アナウンサーとウイルスは当然のように一緒に映っているが、 そこに「現代人の盲点」が示されている、 というのだ。その盲点とは何か。 これまで誰も読んだことがないような「コロナ」「不要不休」についての考察から始まる本書は、 養老が案内する知的興奮に満ちた旅なのだ。

養老孟司 コメント

unnamed-1.jpg

どうして売れたのか。 よく聞かれるのですが、 私自身もわかっていません。 私は長年、 自分の常識は世間とズレていると考えてきました。 今もそうですが、 それが悩みでストレスだったんです。 そのストレスとどう折り合いをつけられるか。 世間とどう折り合いをつけられるか。 それをまとめたから、 読まれたのかと思います。 そんなふうに悩んできた人がどれだけ多くいることか。 ずっと版を重ねてきた理由として思いつくのは、 そこです。 「バカの壁」を読んで、 長年喧嘩ばかりしていた母親と仲直りした、 という娘さんがお礼を言いにきてくれました。 うまく折り合いをつけて生きていく。 そんなふうに役立ったなら、 嬉しい限りです。

撮影:新津保建秀


Rooftop

「最新作」をもっと詳しく

「最新作」のニュース

「最新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ