『ゴーストバスターズ/アフターライフ』日本語吹替声優に梶裕貴が決定!

11月16日(火)12時37分 Rooftop


『ゴーストバスターズ〜』梶裕貴が声優決定.jpg
1984年に公開され、その年の全米年間興行収入No.1、日本でも年間配給収入No.1(1985年)に輝く歴史的大ヒットを記録した映画『ゴーストバスターズ』。
公開後、No Ghostのマークは一躍有名になりグッズ化、テーマソングは連日ヒットチャートを賑わすなど、世界中で社会現象を巻き起こした。さらに1989年には続編となる『ゴーストバスターズ2』が公開。80年代カルチャーをけん引する伝説のSFアクションシリーズとなった。その続編となる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が2022年2月4日(金)に公開となる。

このたび、本作の元祖ゴーストバスターズの血を継ぐ主人公フィービーの兄トレヴァー役の日本語吹替版声優に、人気実力ともにトップクラスの声優・梶裕貴が決定。さらに梶があの有名な“テーマソング”に合わせてリップシンクするミュージックビデオが全世界で解禁された。

トレヴァーを演じるのは Netflixオリジナル作品『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で大ブレイクしたフィン・ウルフハード。本作ではアクション、恋愛、ユーモア、そして感動ドラマまで、卓越した演技力で見事に表現。俳優フィン・ウルフハードの声優に<初挑戦>する梶裕貴の吹替版にこうご期待!さらに、梶も参加したリップシンク・ミュージックビデオが全世界で解禁された。


本作のプロモーション用として、あの有名なテーマ曲であるレイ・パーカーJrが歌う「ゴーストバスターズ」にのせ、世界各国のインフルエンサーや有名人がリップシンクで登場、日本代表として梶裕貴が参加したミュージックビデオが完成!声優やナレーター、歌手でもある梶が、自身の売り物である“声”を封印(!?)し、リップシンクMVに登場するのは人生で初の体験。ゴーストバスターズのコスチュームカラーである茶色の衣装で、あの有名なフレーズ「Who you gonna call?」をノリノリでリップシンクし、世界各国の代表に負けじと「電話してね!」と書かれたフリップを出して日本らしさをアピール、楽しそうに踊る梶の姿に注目だ。

30年の時を越え、父から息子へとメガホンが引き継がれた『ゴーストバスターズ』シリーズの正統続編となる本作への期待はますます高まるばかりである。ゴーストバスターズの血を引くフィービーが、30年間封印されていたゴーストたちの復讐に立ち向かう。世代を越えて解き明かされる“家族の秘密”に全世界が涙する『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は、2022年2月4日(金)より全国公開。

梶裕貴のコメント 

もともと大好きだった『ゴーストバスターズ』!出演決定の報告を受けた時は口からマシュマロマンが飛び出そうになるくらい嬉しかったです!監督は、オリジナルシリーズ監督の息子、ジェイソン・ライトマンさん!僕が声を担当させていただくのは、フィン・ウルフハードさん演じる主人公の兄、トレヴァー!なんとこの役…初代ゴーストバスターズの孫という設定なんです!作品ファンにとって、これほどワクワクする新作があるでしょうか!(いや、ない!)。しかも今回はレイ・パーカーJr.さんの楽曲にリップシンクまでさせていただきました!僕自身、公開をものすごく楽しみにしています!2月4日まで、今しばらくお待ちください!


Rooftop

「ゴーストバスターズ」をもっと詳しく

「ゴーストバスターズ」のニュース

「ゴーストバスターズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ