ストーンズ×ゴダールの映像のマジック『ワン・プラス・ワン』WEB限定予告&3種ビジュアル解禁!

11月16日(火)16時0分 Rooftop


OPO_b.png.jpeg
OPO_c.png.jpeg

今年8月のチャーリー・ワッツ訃報を受け、ジャン=リュック・ゴダール監督がザ・ローリング・ストーンズのレコーディング風景を撮影した伝説の音楽ドキュメンタリー『ワン・プラス・ワン』が、12/3(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて、全国順次リバイバル上映することが、急遽決定。

解禁された予告では、チャーリーがリズムを刻むドラムから始まる。1968年、ロンドン。5月革命のパリを離れ、ロンドンにやってきたヌーヴェルヴァーグを代表するジャン=リュック・ゴダールと、世界最強のロックンロール・バンド、ザ・ローリング・ストーンズ。ストーンズのメンバーが試行錯誤しながら音を重ねていくレコーディング風景と、ブラックパンサーやゴダールのヒロイン、アンヌ・ヴィアゼムスキーのドキュメンタリーめいたフィクション映像とが交差しながら、ロックンロール史上に輝く名曲「悪魔を憐れむ歌」誕生の過程が捉えられている。

本作のビジュアルデザインを手がけた大島依提亜氏(『ミッドサマー』『ジム・ジャームッシュレトロスペクティブ2021』)による新バージョンのビジュアルが到着。ストーンズのレコーディング風景とブラックパンサーのカットをあわせたデザインや、当時のゴダールのミューズ、アンヌ・ヴィアゼムスキーにフィーチャーしたバージョンなど印象的なシーンが切り取られ、鮮烈なタイポグラフィーにも目がいくデザインとなっている。新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町では、現在、先日解禁されたメインビジュアルとともに、新ビジュアルのポスターも展示されている。

バンド黄金期を迎える若き日のローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー、キース・リチャード、ブライアン・ジョーンズ、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン。彼らが試行錯誤しながら音を積み上げていく 「悪魔を憐れむ歌」誕生の瞬間を、ぜひ大きなスクリーンで体感しよう。


Rooftop

「ストーン」をもっと詳しく

「ストーン」のニュース

「ストーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ