沢尻容疑者、MDMAは「以前から所持」 入手ルートの解明を進める

11月17日(日)11時18分 AbemaTIMES

 16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が東京・目黒区の自宅で合成麻薬MDMAを所持していた疑いで逮捕された事件で、MDMAは逮捕の前日以前から所持していたことがわかった。また沢尻エリカ容疑者は17日8時過ぎ、目黒区の自宅マンションでMDMAおよそ0.09グラムを所持していた疑いで送検された。

 捜査関係者によると沢尻容疑者はおとといの夜から逮捕当日の朝まで渋谷区のクラブで過ごし、沢尻容疑者が自宅に帰宅した際に警視庁の捜査員が声をかけて所持品検査をしたが、違法薬物は持っていなかった。

 その後、自宅の捜索で沢尻容疑者の部屋からMDMAの粉末が見つかったことから、このMDMAは逮捕の前日以前から自宅に置いていたものであることがわかった。

 沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めており、警視庁はMDMAの入手ルートなどについても調べを進めている。(AbemaTV/AbemaNEWS)

▶映像/沢尻容疑者、MDMAは「以前から所持」

AbemaTIMES

「容疑者」をもっと詳しく

「容疑者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ