松岡茉優、安藤サクラに嫉妬心あらわ「追いつきたい、追い越したい」

11月17日(土)21時47分 クランクイン!

「第10回TAMA映画賞」授賞式に登場した松岡茉優 クランクイン!

写真を拡大

 女優の松岡茉優が17日都内で、最優秀女優賞を受賞した第10回TAMA映画賞授賞式に出席。受賞の喜びを語った他、『万引き家族』で共演した安藤サクラに対して「いつか追いつきたい、追い越したい」と本心を吐露した。 松岡は今回、『勝手にふるえてろ』や『万引き家族』『ちはやふる ー結びー』『blank13』の演技が支持されて最優秀女優賞を獲得。

 壇上で賞や花束を受け取ると「うれしくてたまらない」とニコリ。冒頭の挨拶では、『万引き家族』で安藤サクラが展開するラストシーンに触れて「私はあのシーンを見て『悔しい!』と思った。2年前、このTAMA映画祭で新人女優賞を獲ってからの一番の成長は、あのシーンを見て『悔しい!』と思えたこと。それまでの私だったら、あのシーンを見て、ただ感動していただけだと思う。『サクラさんにいつか追いつきたい、追い越したい』と思ったのは、ここで俳優として認めてもらったからだと思う」と語った。

 『勝手にふるえてろ』について問われると、「今、勝手にふるえております」と言って会場を笑わせて「今までの全てだと思う」とキッパリ。「『全て』と言ったのは、この映画は出ずっぱりだった。クリスマスも年末感もなく、ただただ走りきった思いがある。技術的にも気持ち的にも、8歳の子役時代からの全てを出しきらないと演じきれない仕事だった」と話した。

 再び『万引き家族』に関して尋ねられると「『勝手にふるえてろ』で出し切った私にとって、“今までの全て”じゃあ敵わない現場だった。是枝組は、今までのものが1個も通じない。『今までの十何年、お芝居のレッスンをしてきた日々は何だったんだろう』と思った。“今までの全て”ではOKが出なかった」と壁の厚さを語り、さらなる成長を誓った。

■主催コメント(松岡茉優の最優秀女優賞受賞の理由)
「こじらせ型のヒロインに血を通わせ、強いシンパシーと共に観客の心をふるわせるバイタリティに圧倒させられた」(『勝手にふるえてろ』)

【第10回TAMA映画賞受賞一覧】
■最優秀賞
・万引き家族
・寝ても覚めても

■特別賞
・沖田修一監督、山崎努、樹木希林及びスタッフ・キャスト一同(『モリのいる場所』)
・上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同(『カメラを止めるな!』)

■最優秀男優賞
東出昌大
松坂桃李

■最優秀女優賞
・安藤サクラ
・松岡茉優

■最優秀新進監督賞
・今泉力哉監督
・三宅唱監督

■最優秀新進男優賞
・吉村界人
・吉沢亮

■最優秀新進女優賞
・深川麻衣
・伊藤沙莉

クランクイン!

「松岡茉優」をもっと詳しく

「松岡茉優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ