ラグビー日本代表、前HCに「恩返し」できるか イングランド戦、再び狙うジャイアントキリング

11月17日(土)17時0分 J-CASTニュース

トライ後のGK(ゴール・キック)や、試合中のPG(ペナルティ・ゴール)でおなじみのラグビーゴール

写真を拡大

再びの「ジャイアントキリング」なるか!? ラグビー日本代表は2018年11月17日(日テレ系地上波で同日23時55分から放送)、英国・トゥイッケナムで、世界の強豪・イングランドと対戦する。


「歴史的大事件」南ア戦の再現なるか



2015年のラグビーW杯。日本代表は、当時の世界ランク3位だった南アフリカと予選プール初戦で対戦した。ラグビーは力とスピードのぶつかり合いで、サッカーの「オウンゴール」のような「偶然性が少ないスポーツ」として知られている。下馬評で、日本は圧倒的不利、南アがどこまで点差を突き放せるか...ということが話題の中心だった。



ところが...。



試合終盤まで、日本は南アに食らいつく。後半残り数分のところで、点差は29−32と、日本は3点のビハインド。そこで、南アが自陣ゴール前で反則を犯した。



相手は「世界3位」(当時のランキング)という格上。誰もが「PG(ペナルティ・ゴール)で3点=同点」と思っていたのだが、日本代表選手は違った。



主将のリーチマイケルを中心にFW(フォワード)の選手が、



「スクラムを組もうぜ!」


と話し合い、あくまで「勝利」にこだわったのだ。



結果、日本代表はパスを回し続け、南ア選手の体力を奪い、終了間際で逆転トライを奪った。



これは、日本の新聞にも大きく取り上げられた。各紙1面で大きく取り上げ、日刊スポーツでは、



「ラグビー日本、歴史的大事件」


としてトップ記事で大々的に報じた。



また、英国の小説家「ハリーポッター」の作者と知られるJ・K・ローリング氏も



「こんな奇跡は見たことがない。小説以上の物語だ」


という趣旨のコメントを出している。



「仮想W杯」としては最高の相手



さて、イングランド戦だが、奇しくもその「大逆転」をやってのけたエディ・ジョーンズ氏が現HC(ヘッド・コーチ)として率いる。



また、2019年W杯では、日本はアイルランド、スコットランドと予選プールで同組。「ラグビー発祥の地」として知られるイングランドとの一戦は、2019年を占う重要な「試金石」とも言える。



アジアで初めて開催されるラグビーW杯。日本代表が目指す「8強以上」という目標を達成するためにも、17日のイングランド戦は重要な意味を持つ。



(J-CASTニュース編集部 山田大介)

J-CASTニュース

「キリン」をもっと詳しく

「キリン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ