蒼井優「新しい一歩を踏み出す時期」 最優秀女優賞受賞で決意新た<第11回TAMA映画賞>

11月17日(日)20時11分 モデルプレス

蒼井優 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/11/17】17日、東京・中央大学多摩キャンパスで開催された映画ファンの祭典「第29回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」にて、「第11回TAMA映画賞」授賞式が行われ、最優秀女優賞を受賞した蒼井優が登壇した。

◆蒼井優、最優秀女優賞で喜びスピーチ

『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』などに出演し、「岐にわたる役柄を演じ分け、観客の脳裏に鮮烈に焼き付けた」として最優秀女優賞を受賞。

今年6月にはお笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太と結婚を発表し、公私ともに充実の1年に。

「今回沢山の作品が対象になってここに呼んでいただけたのですが、ひとつひとつ自分にとってはとても勉強になった作品です」と出演作を振り返り、「新しい一歩を踏み出す時期にこういう賞をいただけてとても光栄ですし、これからも真面目に映画作りをやっていきたいと思います」と意気込んだ。

『長いお別れ』では尊敬する山崎努と共演したが、「また好きになってしまいました」と尊敬の眼差しを向け、「リハーサルから本番まで何度やってもとにかくいろんな挑戦をされる方。常に挑戦され続けている姿勢を目の当たりにすることができて、自分みたいなキャリアだったらもっと大胆に挑戦していいんだなということを学ばせていただきました」と刺激を受けたことを語った。

■「第11回TAMA映画賞」

多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰したもの。

「最優秀作品賞」は『嵐電』(鈴木卓爾監督)と『長いお別れ』(中野量太監督)。「最優秀男優賞」には『長いお別れ』の山崎努(※「崎」は正式には「たつさき」)、『嵐電』などの井浦新、「最優秀女優賞」には蒼井と、『旅のおわり世界のはじまり』『町田くんの世界』などの前田敦子が選ばれた。

また、本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰する「最優秀新進男優賞」には成田凌、清水尋也、「最優秀新進女優賞」には岸井ゆきの、シム・ウンギョンが選ばれている。

「第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM」は11月23日〜12月1日、多摩市内の3会場にて開催。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「蒼井優」をもっと詳しく

「蒼井優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ