中山忍、成長の裏に渡瀬恒彦さんの“ダメ出し”

11月17日(金)23時5分 ナリナリドットコム

今や2時間ドラマの新女王となった女優・中山忍(44歳)が、11月17日に放送されたバラエティ番組「爆報!THEフライデー」(TBS系)に出演し、今年3月に亡くなった俳優・渡瀬恒彦さんとの思い出を語った。

偉大な姉、中山美穂(47歳)の後を追ってアイドルデビューしたものの売れず、女優へと転向した忍があるとき、2時間サスペンスで渡瀬さんと共演。しかし、なれ合いをよしとせず、演技にストイックな厳しさを見せる渡瀬さんに、同じシーンで何度もダメ出しをされてしまい、恐怖から「終わった…」と感じたそうだ。

どこか、2時間ドラマを甘く見ていたのかもしれないと思い知った忍は、その後、2時間ドラマを極めていく。そして13年後、再び2時間ドラマでの共演が叶い、成長した姿を見せることができた。

撮影後、スタッフたちとの談笑時に、マネージャーが忍に冗談めかして「お姉ちゃんが偉大すぎて忍はまだ全然ダメね」との話が出た時、渡瀬さんは「俺もだ!」と発言。自分もまた偉大な兄である俳優・渡哲也がいるが、姉や兄が偉大であるということは関係なく、ちゃんと仕事をしているのだからこのままやっていけばいいと、誰よりも忍の境遇を理解し励ましてくれたと感謝の念を伝えていた。

放送後、忍のSNSには「素敵なお話でした」「泣けました」といったコメントと共に、渡瀬さんの優しさを惜しむ声などが寄せられている。

ナリナリドットコム

「渡瀬恒彦」をもっと詳しく

「渡瀬恒彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ