遠藤憲一「アイデアを出し過ぎて監督に怒られた」 「自分の新しい面も出してもらえた」と感謝

11月17日(土)14時46分 エンタメOVO

(左から)要潤、岩井拳士朗、遠藤憲一、白鳥玉季、竹中直人、きうちかずひろ監督

写真を拡大

 映画『アウト&アウト』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の遠藤憲一、岩井拳士朗、白鳥玉季、竹中直人要潤、きうちかずひろ監督が登壇した。

 本作は、小学2年生の少女・栞(白鳥)と探偵事務所を営む元やくざの矢能(遠藤)が相棒同士になり、不可解な事件に挑む、犯罪エンターテインメント。

 多くの観客を前に、遠藤は「30代の頃に単館でやった映画で、お客さんが4名だったことがあります。今日はこんなに大勢来てくれて感謝します」と感無量の面持ちであいさつした。

 遠藤は、きうち監督について「俺、いろいろアイデアを出す癖があって。現場で『せりふの語尾を変えてもいいですか?』とか、『こう動いてもいいですか?』とやって、監督も『いいですよ…』と言っていたのが、3日目に監督から『遠藤くん、ちょっと外に出て』と呼ばれて。何かな?と思ったら、『もうアイデア出すのやめてくれないかな』と怒られちゃって…」と告白した。

 だが遠藤は「監督の情熱がすごかったのでその通りにやった。最終的には、語尾も変えちゃ駄目な厳しい人になっちゃったけど、監督の言われた通りにやって、自分の新しい面も出してもらえたので感謝しています」と笑顔を見せた。

 遠藤から「ねっ監督…」と言われたきうち監督は「おっしゃる通り。初めから遠藤さんが出てくださらないならこの企画はやらないと決めていたので、多少の行き違いは我慢するつもりだったけど、何せスケジュールがタイトで葛藤があった。出来上がった作品を遠藤さんが気に入ってくれたので、こちらとしてはとてもハッピーです」と返して観客を安堵(あんど)させた。

エンタメOVO

「遠藤」をもっと詳しく

「遠藤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ