片寄涼太、ニッポンノワール出演に「3年A組のつまみ食い」指摘が出たワケ

11月18日(月)17時59分 アサ芸プラス

 11月17日に放送されたドラマ「ニッポンノワール」(日本テレビ系)の第6話に、ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONSの片寄涼太が出演し、ファンを喜ばせた。片寄が所属するアマチュアダンスチームのもとに、賀来賢人の演じる主人公・遊佐清春刑事が訪れ、半グレ集団ベルムズに関する情報を探るというシーンだ。

 本作は今年1月期に放送されたドラマ「3年A組 −今から皆さんは、人質です−」の半年後を舞台としており、両作品でベルムズが重要な役割を果たすなど、ストーリー上のつながりが特徴となっている。今回の第6話では片寄がベルムズに関する重要な情報を賀来にもたらしていたが、その片寄の扱いについて視聴者からは不満の声が漏れているという。テレビ誌ライターがささやく。

「第6話で片寄の登場シーンはわずか2分あまり。それでいて番組側では片寄の出演をさんざん告知しまくり、公式ツイッターには片寄が子役で碓氷克喜役の田野井健と一緒にダンスする動画をアップするなど、片寄を客寄せパンダに使って視聴率を上げようとする魂胆が見え見えだったのです。その手法は、前回の第5話にやはり『3年A組』の主要キャストだった今田美桜をチョイ役で出演させたのと一緒。視聴者の中には彼らが賀来のバディ役になるなど、本作でも主要キャストの一人になると予想していた人も多く、それらの期待をことごとく裏切る結果となりました」

 その一方で、物語で重要な役割を果たす中央警察病院が「3年A組」の舞台である東京都瀬ヶ山市にあることが示されるなど、両ドラマの関連性は何度となく示されている。第6話では「3年A組」にて特撮ヒーロー・ガルムフェニックスのスーツアクター役を務めていた前川泰之が第3話に引き続いて出演するなど、キャストのお代わりもあるようだ。

「それゆえ片寄のファンは、第7話以降にも彼がまた出演してくれるのではと期待しているようです。ただ、設定上では一般人に過ぎない片寄が、警察の秘密組織を追う刑事の手助けをするというのはさすがに無理がある。おそらく片寄のゲスト出演は一回きりという可能性が高く、第5話の今田に続いて“3年A組のつまみ食い”ということになりそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 この調子なら、がんで闘病中の高校教師・柊一颯こと菅田将暉も、つまみ食い出演させるのかもしれない。

(金田麻有)

アサ芸プラス

「片寄涼太」をもっと詳しく

「片寄涼太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ