山田孝之は誕生日会で2回気絶!? 異常なくらい酒を飲む30代の俳優たち

11月18日(日)18時0分 messy

山田孝之 Instagramより

写真を拡大

 11月13日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に山田孝之が出演。自分と同じ30代俳優の飲酒事情について語った。

 この日の収録は、山田孝之の誕生日会の翌日に行われた模様。彼は10月20日に、35歳の誕生日を迎えている。毎年豪勢なことで知られる山田孝之の誕生日会だが、今年のパーティーも例年同様の大騒ぎ。「どのくらい飲んだ?」という笑福亭鶴瓶の質問に、彼は「朝までです」と答えていた。

 その後も山田孝之は、「むちゃくちゃ飲みました。2回気絶しました」と誕生日会の様子を告白。すると鶴瓶は「お前ら飲みすぎ」と苦言を呈し、「瑛太も飲みすぎや」と話題を振る。どうやら瑛太には“電話グセ”があるらしく、酔ったらすぐ誰かに電話をかけるという。鶴瓶もその“電話グセ”の被害者で、夜中の2時24分にベロベロの瑛太から電話がかかってきたそうだ。

 瑛太のベロベロ泥酔エピソードはちょくちょくネットニュースや週刊誌で記事にされ、瑛太といえば泥酔俳優でお馴染みだ。記憶に新しいのは、今年4月に「FRIDAY」(講談社)が報じた“錦戸亮ボコボコ事件”。同誌によると2人は都内の会員制ラウンジで飲んでいたのだが、錦戸亮が中指を立てたことに瑛太が激怒。馬乗りになり錦戸をボコボコにしたと報じられていた。実際のところ、酒に酔い過ぎてイスから転げ落ちたのが真相ではないかとの見方もあるが……。

 『チマタの噺』で山田孝之が「みんなですね僕らの世代。異常なくらい飲みますね」と言っていたように、酒に溺れてしまうのは瑛太だけではない。綾野剛や小栗旬の酒豪ぶりも相当なものだ。



 綾野剛は、以前「女性自身」(光文社)が“道端の花壇を蹴り飛ばしていた”と伝えたことがある。また一部メディアでは、とある高級クラブで“立ちション”をして出禁になったという報道も。山下智久と大騒ぎしたり、路上での立ちションを「FRIDAY」されたことも。酒を飲めば尿意が加速するのは自然なことだが、とりあえずトイレでしてほしい。朝の街に立ちション臭が残るのは心から勘弁だ。

 また、小栗旬と窪塚洋介が酒に酔って喧嘩をはじめ、鈴木紗理奈が「けんかするな! おっぱいを見ろ!」とおっぱいを出しその場をなだめた話は、鈴木自身がテレビで暴露。といってもその際、役者の名前は伏せられていたが、9月発売の「女性セブン」(小学館)が、小栗旬と窪塚洋介だと明かした。

 2人ともほとんど面識がなかった頃の話で、飲み会に参加した小栗と窪塚はすぐに意気投合。演技論について意見を交わしていたのだが、酒のせいか徐々に議論が白熱して論争に。取っ組み合いにまで発展しようとしたところで、鈴木紗理奈が「けんかするな! おっぱいを見ろ!」とおっぱいを出して和解に導いたという。

 その他、“収録中にテキーラを飲む”との伝説もある藤原竜也など、とにかく酒豪が多い30代の人気俳優たち。いくら飲んでも本人たちの勝手だが、今年は元TOKIO・山口達也の大騒動や、元モーニング娘・吉澤ひとみの飲酒運転事故など、酒に絡んだトラブルは多かった。飲酒トラブルだけは気をつけてもらいたい。

messy

「山田孝之」をもっと詳しく

「山田孝之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ