『下町ロケット』伊丹が非情な裏切り…佃製作所の次の一手とは!?

11月18日(日)20時59分 マイナビニュース

俳優の阿部寛が主演を務めるTBS連続ドラマ『下町ロケット』(毎週日曜21:00〜)の第6話が、きょう18日に放送される。

島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃(阿部寛)たち。急ぎ伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れるが、的場(神田正輝)への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告を。それを聞いた佃は激昂するが、伊丹は取り合わない・・・。

そんな折、財前(吉川晃司)が佃を訪ねてくる。財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいという申し出だった。

さらに財前はほかの協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木(森崎博之)の名前を挙げる。野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友だ。そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと頼まれる佃だったが・・・。

2015年10月期に放送された『下町ロケット』の続編。池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』と第4弾『下町ロケット ヤタガラス』(小学館刊)を原作に、宇宙から大地へ、主人公・佃航平(阿部寛)率いる佃製作所の新たな戦いを描く。

(C)TBS

マイナビニュース

「下町ロケット」をもっと詳しく

「下町ロケット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ