紅白の謎!なぜYOSHIKIはToshIを捨てHYDEと『初出場』するのか?

11月18日(日)17時30分 まいじつ


(C)まいじつ



今年の大みそか、平成最後となる『第69回NHK紅白歌合戦』に、『X JAPAN』のYOSHIKIが『L’Arc〜en〜Ciel』(ラルクアンシエル)のHYDEとのユニット『YOSHIKI feat.HYDE』で“初出場”することが決まった。


【関連】YOSHIKIとToshIが不仲になった「本当の理由」とは?ほか


この2人の共演にはさまざまな憶測も出ている。


「もともとX JAPANはメンバー間のギクシャクで何度も活動休止を繰り返してきました。今回のHYDEとのコンビは、ToshIを排除する動きではないかとみられています。YOSHIKIは音楽家としてToshIに見切りをつけたというのです」(音楽ライター)


最近、ToshIはよくテレビで見掛ける。特にバラエティー番組に単独で出ることが多い。


「ToshIはYOHIKIと同級生ですが、音楽では何をやってもYOSHIKIに追い付けないとは以前から言っています。これまではYOSHIKIに付いていくだけだったので、自立しようという考えがあるのかもしれません。ただ、そうした個人としての活動をYOSHIKIはよく思っていないらしいのです」(同・ライター)


過去にToshIは自己啓発セミナーの主宰者による“洗脳騒動”もあり、音楽の道から外れたこともあった。


「ToshIは繊細だといえば聞こえもいいのですが、非常に他人の言葉に左右されるタイプで、優柔不断だともいわれているんです。これだという自我や信念がない。だから自己啓発セミナーに傾倒したとされます」(同)



仕事観で完全に決別か


とはいえ、X JAPANは2015年から昨年まで3年連続で紅白に出場している。それがなぜ、今年はHYDEなのか。


「HYDEはもともとXのメンバーやYOSHIKIの音楽仲間からも、ボーカルとしての才能が認められている。一方、ToshIが洗脳騒動で脱退したときは『代わりのボーカルがいない』という理由で解散したほどでしたが、それから20年もたっています。単純に、現在のYOSHIKIのToshIに対する評価がHYDEを下回ったということかもしれません」(同)


今年7月、X JAPANとして約3年ぶり、シングルCDとしての発売は実に20年ぶりという待望の新曲が発表された。人気アニメ『進撃の巨人』とのコラボ曲『Red Swan』だが、グループ名は『X JAPAN feat.HYDE』で、ボーカルに起用されたのがHYDEだった。


「YOSHIKIはToshIとは、音楽性というより仕事観で完全に決別しているといわれています。バラエティーでも稼ぎたいToshI。音楽を貫きたいYOSHIKI。YOSHIKIは音楽界のドン。ToshIもちゃんとヨリを戻さないと、今後の音楽活動は厳しいと思います」(芸能関係者)


X JAPANファンは紅白でToshIの“サプライズ登場”を願っているかもしれないが、その可能性は限りなくゼロのようだ。



まいじつ

「YOSHIKI」をもっと詳しく

「YOSHIKI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ