櫻井“校長”、恋人とスレ違いで波乱の展開 『先に生まれただけの僕』第7話予告

11月18日(土)23時0分 オリコン

嵐・櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)に出演する多部未華子、高嶋政伸 (C)日本テレビ

写真を拡大

 人気グループ・嵐の櫻井翔が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)第7話(25日放送)の予告が公開された。物語も折り返し地点を経て、学校運営に勤しむ35歳の校長先生こと鳴海涼介(櫻井)だったが恋人の聡子(多部未華子)と会っても学校の話ばかり。しかも鳴海を目の敵にする上司の加賀谷(高嶋政伸)は、鳴海と聡子の仲を裂こうとする策略を巡らせるなどすれ違いから波乱の展開が待ち受ける。

 また、鳴海を気になり始めた教師・ちひろ(蒼井優)だったが同僚の島津(瀬戸康史)に誘われ、食事へ。付き合いたいとアプローチしてくる島津を、ちひろは拒絶してしまう。一方、加賀谷は聡子に気のある後藤田(平山浩行)に声をかけ、鳴海から聡子を略奪すればいいと焚き付ける。加賀谷の動きを察した聡子は、鳴海にそのことを伝えようとするが、彼と連絡が取れない。そんな折、ちひろと聡子は街で偶然、顔を合わせてしまう。

 第7話では教師たちだけでなく、2年生の女子生徒の恋愛にスポットがあたる。2年3組のほのか(山田佳奈実)の母親・真咲美(神野三鈴)は、大学進学せずに卒業後すぐに結婚したいと言い出したのだ。

 相手は12歳年上のバイト先の店長で、特進クラスの優秀な成績の持ち主だったほのかの行動に学校側は困惑。ちひろは、鳴海とともにほのかから話を聞くが彼女の決意は固いよう。相手の男性・貴弥に会いに行くと、貴弥は真面目な青年で、ほのかとの結婚を真剣に考えているようだった。しかし鳴海は、2人の結婚は間違っていると感じる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

校長をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ