さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ

11月18日(土)5時0分 オリコン

ドラマ『ずっと笑ってた』で高校時代の明石家さんまを演じる北村匠海、片思い相手を演じる飯豊まりえ (C)日本テレビ

写真を拡大

 タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思いを寄せる同級生役には女優・飯豊まりえが起用された。

 「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、いまだに最高で、男としての頂点」とさんま自身が語る自身の黄金時代。彼にとっては、学校は学びの場ではなく、人を笑わせる最高の舞台だった…。凡人の想像を超える壮大ないたずらや、片思いの女の子との甘酸っぱい思い出の数々。さんまとの感動のエピソードが描かれる“絶対に笑わない鬼”として恐れられていた体育教師は神保悟志が演じ、東野幸治とアンジャッシュ・渡部建も“同級生役”として出演する。

 まさかのさんま役、しかも“神がかっていた”高校時代のオファーに北村は「とにかくびっくりしました」と驚きを隠せない。お笑い界のレジェンドを演じることに「僕で大丈夫なのかな?」とプレッシャーもあったがそうだが「人を笑顔にするということは、簡単ではないと思います。だから、さんまさんの高校時代のエピソードは、凄すぎて、演じていて難しい部分もたくさんありましたが、本当に楽しかったです」と手応えを明かしている。

 そんなさんまが若かりし頃に思いを寄せていたヒロインを演じる飯豊は「さんまさんってやっぱりモテるんだな」と納得。「自分のことは置いておいて、『人が笑ってくれたら、一番いい、それが幸せ』って思っているさんまさんを、本当にすてきだなと思いました。私が同級生だったら、さんまさんのことを絶対に好きになっていると思います」とすっかり惚れ込んでしまったそう。撮影は和気あいあいと進行し「さんまさんも、クライスメイトも、学校も、本当に楽しい雰囲気だったんだろうな、と演じていて実感しました。さんまさんがすてきな人であることが伝わるドラマになっています。ぜひお楽しみください」とアピールしている。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ