全国中高生の声の祭典『第七回 声優魂』最優秀賞は大阪府の高3・籔根歩美さん

11月18日(日)23時24分 オリコン

第七回 国際声優コンテスト『声優魂』の最優秀賞に選ばれた、大阪府出身の高校3年生・籔根歩美さん(C)Deview

写真を拡大

 全国の高校生・中学生と、世界中の“声優”を目指す若者が集う“声の祭典”「第七回 国際声優コンテスト『声優魂』」が18日、ゲートシティ大崎ホールにて開催された。1,210通のエントリーの中から、ファイナリスト22名(3名欠場)が最終審査に挑み、最優秀賞には、大阪府出身の高校3年生・籔根歩美(やぶね・あゆみ)さんが選ばれた。

 一般社団法人 国際声優育成協会が、声優プロダクション、アニメ製作会社、メディアなどの協力を得て、『声の祭典』として声優の世界をめざす若い才能を応援するために開催している『声優魂』。今年は、書類選考を通過した全国の中高生と、鳥取大会、近畿(京都)大会、九州(熊本)大会の各地区大会代表、そして世界中からのエントリー「インターナショナルカテゴリー」の代表を合わせたファイナリストが最終審査のステージに上がった。

 最終審査は、AT-Xで放送中のサイドカー・レースをテーマにしたアニメ『つうかあ』の映像を使用。ステージ上で3人一組のアフレコレッスン形式で行なう『アフレコ審査』、そしてボイスドラマの台本を3人一組で演じる『掛け合い台詞審査』という2つの実技審査を実施。現役の声優や音響監督(声の演出の責任者)、アニメプロデューサーらが審査を行なった。審査では台本の読み込み方、キャラ付け、相手との距離感やモノローグなどでの演技の変化など、具体的なアドバイスが飛び、全員が1回目の演技より2回目の演技が飛躍的な向上を見せ、短い時間の中で急成長を遂げていた。

 今回、最優秀賞を受賞した籔根さんは、近畿大会の代表として出場。掛け合い審査で、関西弁での演技を要求されても「『えっ!?』ってなって、めちゃくちゃ焦りましたけど、自分なりに演じることができて、個性が出せたかなって」と演じ切った。国際声優育成協会・南沢道義理事長も「途中から関西弁のお芝居に入ったときに、この変わり身はすごいなと感じておりました。自分の生まれ育った生活環境、親、友達、そういうものを背負いながらお芝居というものに立ち向かって行くんだろう、ということを垣間見た気がしました」と高い評価を与えた。

 籔根さんは、最優秀賞で自分の名前が呼ばれると号泣し「まず、ひと言めに、本当に私で良かったのかなっていう気持ちと、今までお母さんからも“お前が声優になれるわけない”って言われてきたんですけど、認められたみたいで嬉しいです」とコメント。「友達にも『悔いのないようにできたから、賞状なんかいらん』って言ってたんですけど、実際に優秀賞で名前を呼ばれなかったときに泣きそうになって。最優秀賞で呼ばれてすごく嬉しいです」と、胸に強い思いを秘めながら挑戦したことを明かした。

 「中学3年生のときにアニメ『テニスの王子様』の再放送をやっていて、不二周助役を演じられていた甲斐田ゆきさんの声を聞いたときに、私の中で衝撃が走って。そこから声優という職業を知って。自分でどんどん調べていくうちに、なりたいなっていう気持ちがどんどん強くなっていきました」と、声優を志したきっかけを語る籔根さん。声優としての目標について「豊口めぐみさんが大好きで。私の大好きな『ポケモン』と『プリキュア』に両方、ヒロイン役として、戦士として出ていて、今、自分が目標としている作品に出演されている方なので、目標にしています」と語った。

 なお第七回 国際声優コンテスト『声優魂』では、優秀賞に神奈川県出身の高校3年生・田中しおりさん(たなか・しおり)、大阪府出身の高校2年生・山岡琳さん(やまおか・りん)、特別賞に鹿児島県出身の高校2年生・寺原成美さん(てらはら・なるみ)、インターナショナルカテゴリー入賞に李相根さん(韓国/日本在住)、デレピアネ・ミゲルさん(Dellepiane Miguel/アルゼンチン/日本在住)、洪羽函さん(本日出場せず)がそれぞれ選ばれた。

オリコン

「声優」をもっと詳しく

「声優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ