ジンベエザメに餌やりも 水族館バックヤードツアーが人気

11月18日(土)7時0分 NEWSポストセブン

コツメカワウソの「ジーノ」

写真を拡大

 大人でも楽しめる定番スポットの「サンシャイン水族館」は、東京・池袋のサンシャインシティ内にある屋上水族館。注目は、今年7月にリニューアルされた屋外エリア「マリンガーデン」だ。ビルの屋上とは思えない緑豊かな環境の中に、ペンギンが空を飛んでいるかのように見える水槽などが登場した。


 そんなサンシャイン水族館をもっと楽しむために、ぜひ参加してほしいのが、「探険ガイドツアー」だ。水量約240トンの大水槽を真上から見られたり、調餌場、冷凍庫、予備槽室などを、飼育員の解説とともに見学できる。


 ただし、11月15日現在、サンシャインラグーン水槽の生物異常に伴う水質整備のため、探検ガイドを中止中。再開については公式サイトで確認を。


■サンシャイン水族館

東京都豊島区東池袋3-1

無休


「探険ガイドツアー」(500円)。所要時間約50分。毎日11時、14時に開催。定員15名。当日先着順。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)。


 一方、大阪の海遊館は、太平洋を模した巨大な“太平洋”水槽をはじめ、14の大水槽などで、環太平洋の地理関係を忠実に再現している世界最大級の水族館だ。バックヤードツアーでも“世界最大”の魚・ジンベエザメを目の当たりにできる。


 ジンベエザメは“太平洋”水槽におり、参加者は水槽の上から直接餌やりを眺められ、大量のオキアミなどを海水ごと飲み込むシーンはまさに圧巻。その他のツアー内容は日によって違い、取材した日は、口の中で子供を育てる“口内保育”の生態を解説してもらい、サメの卵に触らせてもらった。帰りに青いソフトクリームを食べるのもおすすめだ。


■海遊館

大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

年内無休


「バックヤードツアー」(900円)は連休、冬休みなどの10時15分と14時45分に開催。定員20名、所要時間約60分。ほかにも、プレミアム(約90分・1000円)、海獣中心のAコース、魚類中心のBコース(各約60分・500円)も。


※女性セブン2017年11月30日・12月7日号

NEWSポストセブン

「水族館」をもっと詳しく

「水族館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ